日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Protection Manager を使用してセカンダリリソースプールを設定する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ストレージ管理者は、セカンダリストレージへのデータベースのバックアップをサポートするために、 Protection Manager を使用して、 SnapVault セカンダリライセンスで有効になっているセカンダリストレージシステムをバックアップ用のリソースプールに編成します。

リソースプール内のストレージシステムは、妥当性という観点から、バックアップ先として互換性があることが理想的です。たとえば、給与データベースの保護戦略を作成する場合、ストレージ管理者は、同じリソースプールの適切なメンバーとなる同様のパフォーマンスとサービス品質レベルを持つセカンダリストレージシステムを特定しました。

リソースプールに割り当てるストレージシステム上に、未使用スペースのアグリゲートを作成済みである。これにより、バックアップを格納できるだけの十分なスペースが確保されます。

  1. Protection Manager の NetApp Management Console に移動します。

  2. メニューバーで、 * Data * > * Resource Pools * をクリックします。

    [Resource Pools] ウィンドウが表示されます。

  3. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    Add Resource Pool ウィザードが起動します。

  4. ウィザードの手順に従って、 * paydb_backup_resource * リソースプールを作成します。

    次の設定を使用します。

    • 名前:「 * paydb-backup_resource * 」と入力します

    • スペースのしきい値(デフォルトを使用):

      • スペース使用率のしきい値:有効

      • 「ほぼフル」のしきい値(リソースプール用): 80%

      • フルのしきい値(リソースプール): 90%