日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ターゲットデータベースの Oracle データベースユーザを作成しています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Oracle データベースユーザは、データベースにログインして SnapManager 処理を実行するために必要です。ターゲットデータベースに _sysdba_privilege を持つユーザが存在しない場合は、 _sysdba_privilege を指定してこのユーザを作成する必要があります。

SnapManager は、ターゲットデータベースに対応する _sysdba_privilege が設定された任意の Oracle ユーザを使用できます。たとえば、 SnapManager では default_sys_user を使用できます。ただし、ユーザが存在する場合でも、ターゲットデータベースの新しいユーザを作成して、 _sysdba_privilege を割り当てることができます。

OS (オペレーティングシステム)では、 OS 認証方式を使用することで、 Oracle データベースが OS に保持されているクレデンシャルを使用して、データベースにログインして SnapManager 処理を実行するユーザを認証することもできます。OS によって認証された場合は、ユーザ名またはパスワードを指定せずに Oracle データベースに接続できます。

  1. SQL * Plus にログインします。 'sqlplus/as sysdba'

  2. 管理者パスワードを使用して新しいユーザを作成します。 'create useruser_name identified by admin_password;'

    user_name は作成するユーザの名前で、 admin_password はユーザに割り当てるパスワードです。

  3. sysdba 権限を新しい Oracle ユーザに割り当てます: 'grant sysdba to user_name ; '