日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

制御ファイルおよびアーカイブログファイルの処理について

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

SnapManager には制御ファイルが格納されており、必要に応じて各バックアップと一緒にアーカイブログファイルも格納されます。アーカイブログファイルはリカバリ処理に使用されます。

データベースは制御ファイルを使用して、データベースファイルの名前、場所、サイズを識別します。制御ファイルはリストアプロセスで使用されるため、 SnapManager の各バックアップには制御ファイルが含まれます。

データベースへの変更はオンライン REDO ログを使用して追跡されます。このログは最終的にアーカイブされ、アーカイブ REDO ログ(またはアーカイブログ)と呼ばれます。SnapManager ( 3.2 以降)を使用すると、保持期間および頻度が異なるデータファイルとアーカイブログファイルを別々にバックアップできます。SnapManager でバックアップを作成できるのは、アーカイブログのみです。または、データファイルとアーカイブログのバックアップを組み合わせることもできます。SnapManager では、アーカイブ・ログを完全に自動管理できます。また、データベース・リカバリ作業を手動で行う必要もなく、バックアップ作成後に 1 つ以上のアーカイブ・ログ・デスティネーションからアーカイブ・ログを削除できます。

注記 バックアップに含まれる表領域とデータ・ファイルを確認するには、 backup show コマンドまたは Backup Properties ウィンドウを使用します。

次の表に、 SnapManager による各処理で制御ログファイルとアーカイブログファイルがどのように処理されるかを示します。

処理のタイプ

制御ファイル

アーカイブログファイル

バックアップ

各バックアップに含まれています

各バックアップに含めることができます

リストア

リストアは、単独で行うことも、表領域またはデータ・ファイルと一緒に行うこともできます

リカバリプロセスに使用できます