日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

smo schedule update コマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このコマンドは、バックアップのスケジュールを更新します。

構文

        smo schedule update
-profile profile_name
-schedule-name schedule_name
\[-schedule-comment schedule_comment\]
-interval \{-hourly \| -daily \| -weekly \| -monthly \| -onetimeonly\}
-cronstring cron_string
-start-time \{start_time <yyyy-MM-dd HH:mm\>\}
-runasuser runasuser
\[-taskspec taskspec\]
-force
\[-quiet \| -verbose\]

パラメータ

  • * -profile profile_name *

    バックアップをスケジュールするデータベースに関連するプロファイルの名前を指定します。プロファイルには、データベースの識別子およびその他のデータベース情報が含まれています。

  • * -schedule - name schedule_name * と入力します

    スケジュールに指定する名前を指定します。

  • * -schedule - comment schedule_comment *

    バックアップのスケジュール設定に関するコメントを指定します。

  • * -interval { -hourly | -daily | -weekly | -monthly | -onetimeonly } * を使用できます

    バックアップを作成する間隔を示します。バックアップのスケジュールは、毎時、毎日、毎週、毎月、または 1 回だけ設定できます。

  • cronstring cron_string

    cronstring を使用してバックアップをスケジュールするように指定します。CronTrigger のインスタンスの構成には cron 式が使用されます。cron 式は、実際には 7 つのサブ式で構成される文字列です。

    • 1 は秒を表します

    • 2 は分を表します

    • 3 は時間を表します

    • 4 は 1 か月の 1 日を表します

    • 5 は月を表します

    • 6 は 1 週間のうちの 1 日を表します

    • 7 は年を表します(オプション)。

  • * -start-time yyyy-mm-dd HH : MM *

    スケジュール処理の開始時刻を指定します。スケジュールの開始時刻は、 yyyy-mm-dd HH : MM の形式で指定します。

  • -runAsUser runAsUser

    バックアップのスケジュール設定時にスケジュールされたバックアップ処理のユーザを変更するように指定します。

  • *-taskspec taskspec *

    バックアップ処理の前処理または後処理に使用できるタスク仕様 XML ファイルを指定します。XML ファイルの完全なパスを指定する必要があります。このパスには -taskspec オプションがあります。