日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager 操作の履歴を設定しています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager for Oracle を使用すると、 SnapManager の CLI または GUI から SnapManager 処理の履歴を保持できます。SnapManager 処理の履歴はレポートとして表示できます。

  1. SnapManager 処理の履歴を設定するには、次のコマンドを入力します。 smo history set -profile { -name 、 profile_name [profile_name1 、 profile_name2 ]|-all repository -login [-passwordrepo_password] -usernamerepo_username-dbname -dhesbo_host-portrepo_retain { weeklyname1 } -retays1_operation 、 weeklyname|weeklyname -retays1_operation [ -weeklyname | weeklyname | weeklyname -retays1 日次処理

        smo
history set -profile -name PROFILE1 -operation -operations backup -retain -daily 6 -verbose
        smo
history set -profile -name PROFILE1 -operation -all -retain -weekly 3 -verbose