日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SolidFire Active IQ の詳細をご覧ください

寄稿者

SolidFire Active IQ の使用を開始する前に、SolidFire Active IQ の仕組みと、このツールで収集される情報について理解しておく必要があります。

SolidFire Active IQ の仕組み

コレクタやテレメトリなどのサービスは管理ノードで実行されます。これらのサービスには、クラスタへの読み取り専用アクセスが設定され、主要なパフォーマンス、容量、および健全性の指標を収集するために、クラスタに対して定期的にAPI呼び出しが実行されます。この情報はHTTPSを使用してSolidFire Active IQ クラウドデータベースにアップロードされ、SolidFire Active IQ UIからユーザとネットアップサポートに提供されます。SolidFire Active IQ UIでクラスタに対して受信した最新のAPIペイロードと収集間隔を表示するには、SSOクレデンシャルを使用してログインし、* Reporting ドロップダウンメニューから API Collection *を選択します。

SolidFire Active IQ で収集される情報

SolidFire Active IQ は、ボリューム、クラスタ、ノード、パフォーマンス、構成に関する情報を収集します。

  • ボリューム、Snapshot、アカウントノードIDなどのリソースID

  • クラスタおよびボリュームのパフォーマンスデータと容量データ

  • エラーとイベントの履歴

  • NetApp HCI とElementソフトウェアのバージョン

  • サービス品質(QoS)設定

  • ボリュームのサイズ、作成日などの詳細

  • ボリュームアクセスグループとセッションの設定

  • ノードとクラスタのネットワーク構成

SolidFire Active IQ では、次の顧客の機密情報は収集されません。

  • 実際のエンドユーザデータ

  • パスワード

  • Challenge-Handshake Authentication Protocol(CHAP;チャレンジハンドシェイク認証プロトコル)のシークレット

  • クラスタ管理ユーザの情報

詳細については、こちらをご覧ください