日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP ドライバ

寄稿者

Astra Trident は、 ONTAP クラスタとの通信に使用する 5 つの ONTAP ストレージドライバを提供します。各ドライバーがボリュームの作成、アクセス制御、機能をどのように処理するかについて、詳細をご覧ください。

ドライバ プロトコル ボリュームモード サポートされているアクセスモード サポートされるファイルシステム

「 ONTAP - NAS 」

NFS

ファイルシステム

RWO 、 RWX 、 ROX

"" 、 NFS です

「 ONTAP - NAS - エコノミー」

NFS

ファイルシステム

RWO 、 RWX 、 ROX

"" 、 NFS です

「 ONTAP-NAS-flexgroup 」

NFS

ファイルシステム

RWO 、 RWX 、 ROX

"" 、 NFS です

「 ontap - san 」

iSCSI

ブロック

RWO 、 ROX 、 RWX

ファイルシステムがありません。raw ブロックデバイスです

「 ontap - san 」

iSCSI

ファイルシステム

RWO 、 ROX

「 xfs 」、「 ext3 」、「 ext4 」

「 ONTAP - SAN - エコノミー」

iSCSI

ブロック

RWO 、 ROX 、 RWX

ファイルシステムがありません。raw ブロックデバイスです

「 ONTAP - SAN - エコノミー」

iSCSI

ファイルシステム

RWO 、 ROX

「 xfs 」、「 ext3 」、「 ext4 」

注記 ONTAP バックエンドは、セキュリティロール(ユーザ名とパスワード)のログインクレデンシャル、または ONTAP クラスタにインストールされている秘密鍵と証明書を使用して認証されます。既存のバックエンドを更新して 'tridentctl update backend' を使用して認証モードから別の認証モードに移行できます