日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ワーカーノードの自動準備

寄稿者

Astra Trident は、 Kubernetes クラスタ内のノードに必要な「 nfs 」ツールと「 iscsi 」ツールを自動的にインストールできます。これは * ベータ版の機能 * であり、本番環境クラスタ向けの機能ではありません。現在、この機能は、 CentOS 、 RHEL 、および Ubuntu * を実行するノードで使用できます。

この機能のために 'Astra Trident には 'tridentctl を使用して導入されたインストール用の --enable-node-prep という新しいインストール・フラグが含まれていますTrident 演算子を使用する展開の場合は、ブール値オプションの「 enableNodePrep 」を使用します。

警告 --enable-node-prep のインストール・オプションは 'Astra Trident に 'NFS および iSCSI のパッケージやサービスが 'Worker ノードにマウントされているときに確実にインストールされ ' 実行されるように指示しますこの機能は * ベータ版で、本番環境での使用が認められていない * 開発 / テスト環境で使用することを目的としています。

--enable-node-prep フラグが 'tridentctl' とともに導入された Astra Trident のインストールに含まれている場合は ' 次のようになります

  1. インストールの一環として、 Astra Trident が実行するノードを登録します。

  2. Persistent Volume Claim ( PVC ;永続的ボリューム要求)が行われると、 Astra Trident は管理対象のバックエンドの 1 つから PV を作成します。

  3. ポッド内の PVC を使用するには、ポッドが稼働するノードに Astra Trident がボリュームをマウントする必要があります。Trident が、必要な NFS / iSCSI クライアントユーティリティをインストールし、必要なサービスがアクティブになっていることを確認します。これは、ボリュームがマウントされる前に実行します。

ワーカーノードの準備は、最初にボリュームをマウントしようとしたときに 1 回だけ実行されます。Astra Trident の外部では 'NFS' および iSCSI ユーティリティに変更が加えられていない限り ' 後続のすべてのボリューム・マウントは正常に実行されます

このようにして、 Astra Trident は、 Kubernetes クラスタ内のすべてのノードに、ボリュームのマウントと接続に必要なユーティリティを確実に提供します。NFS ボリュームの場合は、エクスポートポリシーでボリュームのマウントも許可する必要があります。Trident では、バックエンドごとにエクスポートポリシーを自動的に管理できます。また、エクスポートポリシーをアウトオブバンドで管理することもできます。