日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リンクモードおよびプラグイン

寄稿者 netapp-dbagwell netapp-pcarriga amgrissino このページの PDF をダウンロード

NetApp Element Plug-in for vCenter Server では、 vCenter リンクモードを使用して他の vCenter Server のクラスタリソースを管理することができます。

Element Plug-in でストレージクラスタを管理できるのは、デスティネーション vCenter の Web クライアントにログインしている場合のみです。

vSphere リンクモード環境でストレージクラスタの管理をセットアップするには、次の手順を使用してストレージクラスタを手動で追加します。

手順
  1. プラグインを使用するリンクモード環境内の各 vCenter Server にプラグインを登録します。

  2. リンクされた各 vCenter Server の vSphere Web Client に一度ログインします。

    ログインすると、 Web Client にプラグインがインストールされます。

  3. ストレージクラスタを管理するデスティネーション vCenter の Web クライアントにログインします。

  4. ストレージクラスタを Element Plug-in のインベントリに追加します。

リンクモードで vCenter1 と vCenter2 を、ストレージ cluster1 とストレージ cluster2 をそれぞれ設定した。cluster1 、 vCenter2 の管理を許可して cluster2 を管理します。ストレージクラスタ管理を設定するには、各 vCenter Server にプラグインを登録したあとで、次の手順を実行します。

  1. vCenter1 Web クライアントにログインします。

  2. cluster1 を vCenter1 Web クライアントから管理するには、 cluster1 を Element Plug-in のインベントリに追加します。

  3. vCenter2 Web クライアントにログインします。

  4. cluster2 を vCenter2 Web クライアントから管理するには、 cluster2 を Element Plug-in のインベントリに追加します。

詳細については、こちらをご覧ください