日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VDS 管理者権限

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

管理者権限の概要

VDM 管理者は、 VDS 管理ポータルへのアクセスを制限しています。VDM は共同管理された解決策であるため、 VDM 管理者に対して有効になっていない権限セットがあります。これらの操作はネットアップサポートチーム用に予約されています。権限の制限のために実行できないアクションが必要な場合は、サポートにお問い合わせください。

アカウントタイプの設定

VDM 管理者アカウント内では、次の設定がデフォルトです。

を入力します デフォルト値 注:

テクニカルアカウント

いいえ

ご要望に応じて、ネットアップサポートに変更を加えられます。有効にすると、管理者は VDS ポータルから VM に接続する際にクレデンシャルの入力を求められます。無効にすると、 VDS ポータルからテナント VM に接続する際に、管理者が自動的に認証されます(自動生成されたローカル管理者アカウントを使用)。プラットフォームサーバ VM に接続する際、管理者は引き続きクレデンシャルの入力を求められます。

"PAM 承認者"

正しいです

ご要望に応じて、ネットアップサポートに変更を加えられます。すべてのお客様の admin アカウントが PAM 承認者として有効になっている必要があります。

ユーザーサポート

いいえ

この機能は VDM には適用されません。

シャドウユーザ

正しいです

ご要望に応じて、ネットアップサポートに変更を加えられます。有効にすると、管理者はエンドユーザのセッションに接続して、エンドユーザのサポートを提供するために表示される内容を確認できます。

MFA が有効です

正しいです

管理者が VDM 管理ポータルにアクセスする際には、組み込みの MFA を使用してセキュリティを確保する必要があります。SMS または電子メールのいずれかまたは両方の方法がサポートされています。

管理者アカウントの権限

VDM 管理者アカウント内では、次の権限がデフォルトで設定されています。

モジュール 表示 編集 削除 追加( Add ) 注:

管理

オン

オフ

オン

オフ

管理者アカウントの追加や管理者権限の変更は、ネットアップサポートが行います。

アプリケーションサービス

オフ

オフ

オフ

オフ

アプリケーションサービス機能セットは VDM でサポートされていない機能です。

アプリケーション

オフ

オフ

オフ

オフ

VDS のアプリケーション機能セットは、 RDS 固有です。VDM は WVD ベースのサービスであり、アプリケーション管理はこの機能では処理されません。を参照してください "イメージを更新して展開します" VDM のアプリケーション配信の詳細については、を参照してください。

監査

オン

オン

オン

オン

クライアント

オン

オン

オフ

オフ

クライアントの作成と削除はネットアップサポートが行います。

導入

オン

オン

オフ

オフ

導入の作成と削除はネットアップサポートが行います。

ファイアウォールルール

オン

オン

オン

オン

フォルダ

オン

オン

オン

オン

グループ

オン

オン

オフ

オン

ユーザグループの削除はネットアップサポートが行います。特定のユーザグループが必要です

パートナー

オン

オフ

オフ

オフ

パートナー機能セットは、 VDM でサポートされていない機能です。テナントリストの表示に必要な権限を表示します。

プロビジョニングテンプレート

オン

オン

オフ

オフ

イメージの作成と削除は、ネットアップサポートが行います。

レポート

オン

オン

オン

オン

リソース

オン

オフ

オフ

オフ

リソース設定はネットアップサポートが行います。

スクリプト化されたイベント

オン

オン

オン

オン

サーバ

オン

オン

オフ

オフ

サーバの作成と削除の設定は、ネットアップサポートが行います。

サービスボード

オン

オン

オン

オン

設定

オン

オン

オン

オン

ユーザ

オン

オン

オン

オン

ワークスペース

オン

オン

オフ

オフ

ワークスペースの作成と削除はネットアップサポートが行います。