日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

セッションホスト仮想マシンへのアプリケーションのインストール

寄稿者

アプリケーション配信の方法論

ユーザーは、セッションホスト仮想マシン( SHVM )がインストールされているどのアプリケーションにもアクセスできます。このマシンは、ユーザーセッションが実行されている場所です。

ユーザは、ユーザグループのメンバーシップに基づいて SHVM のプール(「ホストプール」)に割り当てられます。ホストプール内のすべての SHVM は、同じ VM イメージに基づいており、同じアプリケーションを持ち、同じ VM リソース上で実行されます。ユーザが接続するたびに、ホストプール内の SHVM に割り当てられ、現在のユーザセッションは最も少なくなります。

ホストプール内の各 SHVM に対してアプリケーションを追加または削除することにより、 VDM 管理者は、 VDM ユーザーがアクセスできるアプリケーションを制御できます。

各 SHVM からのアプリケーションの追加(または削除)は、各 SHVM で直接実行することも、 1 つの VM イメージに対して実行することもできます。このイメージは、ホストプール内のすべての SHVM に展開できます。

この記事では、 SHVM にアプリケーションを直接インストールする方法について説明します。VM イメージ管理については、を参照してください "この記事では"

手動アクセス

VDM 管理ポータルでは、すべての SHVM およびビジネスサーバに対するジャストインタイムのローカル管理者アカウントを使用して、各 VM に直接アクセスできます。このアクセス方法を使用すると、各 VM に手動で接続して、アプリケーションを手動でインストールしたり、その他の設定を変更したりできます。

この機能は、ワークスペース > サーバー > アクション > 接続で使用できます

900,900

ドメイン管理者のクレデンシャルが必要な場合は、 VDM の Privileged Access Management ( PAM )機能を使用してドメイン管理者のクレデンシャルを生成します。詳細には、を指定できます "こちらをご覧ください"

VDMS の自動化

VDM ポータルでは、「スクリプトイベント」セクションにコードをリモートで実行する機能が含まれています。

スクリプト化されたイベント内の Repository タブには、ネットアップが公開している「グローバル」スクリプトが含まれています。「 + スクリプトの追加」ボタンを使用してカスタムスクリプトを追加できます。

スクリプト化されたイベント内のアクティビティタブには、一連の VM に対してスクリプトを実行するトリガーが含まれています。VDM では、「手動」および「スケジュール」イベントタイプを使用して、適切な仮想マシンにスクリプトをプッシュすることをお勧めします。

注記 アクティビティには、「イベントタイプ」と呼ばれるトリガーが多数あります。VDM の場合、「 Application Install 」タイプと「 Application Uninstall 」タイプは適用されません。これらは RDS 固有のトリガーであり、 VDM は WVD ベースのサービスであり、 RDS の設計アーキテクチャに従うため、 VDM には使用しないでください。

その他の自動化ツール

VDM の仮想マシンは、サードパーティの管理ツールで管理できます。アプリケーションの変更や VM 構成のその他の変更は、互換性のある任意のツールを使用して適用できます。