日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプリケーショングループへのユーザーの割り当て

寄稿者

ユーザー割り当て方法

ユーザーは、 AD セキュリティグループを介してセッションホスト仮想マシン( SHVM )に割り当てられます。

ホストプールごとに、ワークスペース内の [ ユーザーとグループ ] タブにリンクされたユーザーグループがあります。

ユーザーグループには、ワークスペース ID (各ワークスペースに固有の 3 ~ 4 桁の数字コード)とホストプールの名前が付けられます。

たとえば、グループ「 jzsx Shared Users 」は VDM の Shared Users ホストプールにリンクされています。"jzsx Shared Users" に追加されたすべてのユーザーには、 " 共有ユーザー " ホストプール内のセッションホストへのアクセス権が割り当てられます。

をクリックして、ホストプールにユーザを割り当てます
  1. ワークスペース内の「ユーザーとグループ」に移動します

  2. ユーザをグループに追加するには、グループ内のユーザリストを編集します。

  3. 自動化では、ユーザグループのメンバーが自動的に同期され、ユーザに適切なホストプール、アプリケーショングループ、およびアプリケーションへのアクセスが許可されます。

注記 ユーザーは、 1 つの( 1 つだけの)アプリグループにのみ割り当てる必要があります。ホストプールのタイプ(共有、 VDI 、または GPU )は、 VDM 用に購入したライセンス済み SKU と一致している必要があります。複数のアプリケーショングループに対してユーザや割り当てが正しくないと、原因リソースの競合の問題が発生し、環境内で作業している同僚に影響が及ぶ可能性があります。