日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージプラットフォームをリダイレクトしています

寄稿者 tvanroo

概要

仮想デスクトップサービスの導入テクノロジでは、基盤となるインフラに応じてさまざまなストレージオプションを選択できます。このガイドでは、導入後に変更を行う方法について説明します。

仮想デスクトップのパフォーマンスはさまざまな主要リソースに左右され、ストレージパフォーマンスは主な要因の 1 つです。要件の変化やワークロードの進化に伴い、ストレージインフラの変更は一般的なタスクです。ほとんどの場合、このテクノロジはエンドユーザコンピューティング環境に最適なパフォーマンスプロファイルを提供するため、ファイルサーバプラットフォームからネットアップのストレージテクノロジ( Cloud Volumes ONTAP 、 Google での NetApp Cloud Volumes Service 、 AWS での NetApp Azure NetApp Files など)への移行が含まれます。

新しいストレージレイヤを作成します

このガイドでは、クラウドおよび HCI のさまざまなインフラプロバイダにわたってストレージサービスを提供する可能性が高いため、すでに新しいストレージサービスが確立されており、 SMB パスが既知であることを前提としています。

ストレージフォルダを作成します

  1. 新しいストレージサービスで、次の 3 つのフォルダを作成します。

    • データ

    • ホーム

    • /pro

  2. フォルダ権限を設定します

    1. [ フォルダのプロパティ ] で、 [ セキュリティ ] 、 [ 詳細設定 ] 、 [ 継承の無効化 ] の順に選択します

    2. 残りの設定は、導入の自動化で作成された元のストレージレイヤの設定に合わせて調整します。

データを移動中

ディレクトリ、データ、ファイル、およびセキュリティ設定は、さまざまな方法で移動できます。次の Robocopy 構文は、必要な変更を達成します。パスは環境に合わせて変更する必要があります。

robocopy c:\data\zucd \\uyy-1c37.deskapps.mobi\zucd-data /xd ~snapshot /MIR /CopyAll /R:1 /W:1 /tee /log:C:\temp\roboitD.txt

カットオーバー時の SMB パスのリダイレクト

カットオーバーに時間がかかると、 VDS 環境全体ですべてのストレージ機能がリダイレクトされます。

GPOs を更新します

  1. Users GPO ( named_<company-code>-Users_ )は、新しい共有パスで更新する必要があります。ユーザー設定 > Windows 設定 > 環境設定 > ドライブマップ _ を選択します

  2. [H_H:_] を右クリックし、 [ プロパティ( Properties ) ]>[ 編集( Edit ) ]>[ アクション( Action ) ] : [ 置換( Replace_) ] を選択して、新しいパスを入力する

  3. クラシック AD またはハイブリッド AD を使用して、企業 OU の ADUC で定義されている共有を更新します。これは VDS フォルダ管理に反映されます。

FSLogix プロファイルパスを更新します

  1. 元のファイルサーバおよび他のプロビジョニングされたセッションホストで Regedit を開きます。

    注記 必要に応じて、 GPO ポリシーを使用して設定することもできます。
  2. 新しい値で VHDLocations_value を編集します。次のスクリーンショットに示すように ' 新しい SMB パスは plus_pro/profileconiners になります

ホームディレクトリのフォルダリダイレクト設定を更新します

  1. グループポリシー管理を開き、 DC= ドメイン、 DC=mobi/Cloud Workspace/Cloud Workspace Companies / <company-code>/< company-code> - デスクトップユーザーにリンクされたユーザー GPO を選択します。

  2. [ ユーザー設定 ]>[ ポリシー ]> [Windows の設定 ]>[ フォルダリダイレクト ] で、フォルダリダイレクトパスを編集します。

  3. 更新が必要なのはデスクトップとドキュメントのみで、ホームボリュームの新しい SMB パスマウントポイントとパスが一致している必要があります。

コマンドセンターで VDS SQL データベースを更新します

CWMGR1 には、 VDS データベースを一括更新できる Command Center というヘルパーユーティリティアプリケーションが含まれています。

最終的なデータベース更新を行うには、次の手順を実行
  1. CWMGR1 に接続し、 CommandCenter.exe に移動して実行します

  2. [Operations] タブに移動し、 [Load Data] をクリックして [Company Code] ドロップダウンに値を入力し、会社コードを選択して、ストレージレイヤの新しいストレージパスを入力し、 [_Execute Command] をクリックします。