日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AVD 展開ガイド - 既存の AD 補足

寄稿者

概要

VDS セットアップでは、新しい導入環境を既存の AD 構造に接続できます。これらの手順では、このオプションについて詳しく説明します。この資料はスタンドアロンではなく、で説明している [ 新しい AD ] オプションの代わりとなる詳細な説明です "AVD 導入ガイド"

Active Directory タイプ

次のセクションでは 'VDS 配備の Active Directory 配備タイプを定義しますこのガイドでは、既存の Windows Server Active Directory を選択します。これは、すでに存在する AD 構造を利用します。

既存の AD ネットワーク

VDS セットアップでは、既存の AD 構造と Azure AD の間の接続を表す vNet のリストが表示されます。選択する VNet には、 Azure で設定した Azure ホスト型 DC が必要です。また、 VNet には、 Azure ホスト型 DC で参照されるカスタム DNS 設定があります。

既存の Active Directory ドメイン名

使用する既存のドメイン名を入力します。注: Azure Portal の Active Directory モジュールの下にあるドメインは、原因の DNS の問題が原因で使用することはできません。この主な例は、ユーザーがデスクトップ内からその Web サイト( <yourdomain>.com など)にアクセスできないことです。

既存の AD ユーザ名とパスワード

既存の AD 構造を使用した導入を容易にするために必要なクレデンシャルを提供する方法は 3 つあります。

  1. Active Directory のドメイン管理者のユーザ名とパスワードを入力します

    これは最も簡単な方法です。導入を容易にするために使用されるドメイン管理者クレデンシャルを提供します。

    注記 このアカウントは、 1 回限りの目的で作成でき、導入プロセスが完了すると削除されます。
  2. 必要な権限に一致するアカウントを作成します

    この方法では、お客様の管理者が手動で権限構造を作成し、 CloudWorkspaceSVC アカウントのクレデンシャルをここに入力して次に進んでください。

  3. 手動での導入プロセス

    権限のあるアカウントプリンシパルが最小の AD アクセスの設定については、 NetApp VDS サポートにお問い合わせください。

次のステップ

この記事では、既存の AD 環境に展開するための固有の手順について説明します。これらの手順が完了したら、標準の導入ガイドに戻ることができます "こちらをご覧ください"