日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

マッピングされたドライブの追加と移動

寄稿者 tvanroo

概要

デフォルトでは、エンドユーザーセッションに公開される 3 つの共有フォルダがあります。これらのフォルダは定義済みのストレージレイヤにあります。これは、ファイルサーバ( TSD1 または D1 )または Azure Files 、 Azure NetApp Files 、 NetApp CVO 、ネットアップ CVS などのストレージサービスに該当します。

明確にするため、この記事では、会社コード「 NECA 」の顧客例を使用します。 この例では、単一の TDS1 サーバが NECATSD1 という名前で配置されていることを前提としています。フォルダを別の VM (「 NECAD1 」という名前)に移動するプロセスを進めます。この方法は、次の例に示すように、同じマシン上のパーティション間または別のマシン間で移動する場合に使用できます。

フォルダの開始場所:

  • データ : NECATSD1\C:\data\NECA\ (TSD1 は、最初のターミナルサーバであり、データサーバとしても機能することを意味します )

  • FTP : NECATSD1\C : \ftp\NECA\

  • ホーム: NECATSD1\C : \home\NECA/

フォルダの終了場所:

  • データ: NECAD1\G : \data\NECA/ ( D1 は最初のデータサーバであることを意味します)

  • FTP :同じプロセスが適用されます。 3 倍に記述する必要はありません

  • 自宅:同じプロセスが適用され、 3 倍に説明する必要はありません

NECAD1 で G :のディスクを追加します

  1. 共有フォルダを E :ドライブに配置するには、ハイパーバイザーを介して追加する必要があります(例 Azure Management Portal )にアクセスし、初期化してフォーマットします

  2. 既存のフォルダ( NECATSD1 、 C:\ 上)を新しい場所( NECAD1 、 G:\ 上)にコピーします。

  3. 元の場所から新しい場所にフォルダをコピーします。

元のフォルダ共有からの情報の収集( NECATSD1 、 C : \data\NECA/ )

  1. 元の場所にあるフォルダとまったく同じパスを使用して、新しいフォルダを共有します。

  2. 新しい NECAD1 、 G:\data\ フォルダを開きます。この例では、会社コード「 NECA 」という名前のフォルダが表示されます。

  3. 元のフォルダ共有のセキュリティ権限をメモします。

  4. ここでは一般的な設定を示しますが、保持する必要がある既存のカスタマイズがある場合には、元の設定をコピーすることが重要です。他のすべてのユーザ / グループの権限は、新しいフォルダ共有から削除する必要があります

    • System :許可されているすべての権限

    • LocalClientDHPAccess (ローカルマシン上):許可されているすべての権限

    • ClientDHPAccess (ドメイン上):許可されているすべての権限

    • NECA - (ドメイン上の)すべてのユーザ:「フルコントロール」を除くすべての権限

共有パスとセキュリティ権限を新しい共有フォルダに複製します

  1. 新しい場所( NECAD1 、 G : \data\NECA/ )に戻り、同じネットワークパス(マシンを除く)で NECA フォルダを共有します。この例では、「 NECA-DATA$ 」と入力します。

  2. ユーザセキュリティの場合は、すべてのユーザを追加し、ユーザの権限を照合するように設定します。

  3. すでに存在する可能性のある他のユーザ / グループの権限を削除します。

グループポリシーの編集 ( フォルダが新しいマシンに移動された場合のみ )

  1. 次に、グループポリシー管理エディタでドライブマップを編集します。Azure AD ドメインサービスの場合、マッピングは次の場所にあります。

    “Cloud Workspace Users > User Configuration > Preferences > Windows Settings> Drive Maps”

  2. グループポリシーが更新されると、次回各ユーザーが接続すると、マップされたドライブが新しい場所を参照して表示されます。

  3. この時点で、 NECATSD1 、 C:\ にある元のフォルダを削除できます。

トラブルシューティング

エンドユーザーが赤い X 印の付いたドライブを見たら、ドライブを右クリックして [ 切断 ] を選択します。ログアウトしてから再度ドライブに戻ってください。