日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ディスク容量の自動拡張機能

寄稿者 tvanroo このページの PDF をダウンロード

概要

ネットアップでは、管理者がドキュメントにアクセスして保存するためのスペースを常に確保しておく必要があることを認めています。これにより、 VM にバックアップを正常に完了するための十分な空き領域が確保され、管理者とそのディザスタリカバリおよびビジネス継続性計画を有効にして活用できるようになります。この点を考慮して、ドライブがスペース不足になると、使用中の管理対象ディスクを自動的に次の階層に拡張する機能を構築しました。

これは、 Azure のすべての新しい VDS 環境にデフォルトで適用される設定です。これにより、すべての環境でユーザーとテナントのバックアップがデフォルトで保護されます。

管理者は、 [ 配置( Deployments ) ] タブに移動し、展開を選択して、そこから CWMGR1 サーバに接続することで、この状態を確認できます。次に、デスクトップの DCConfig ショートカットを開き、 Advanced をクリックして下にスクロールします。

管理者は、 DCConfig の同じ詳細セクションで、管理対象ディスクの次の階層に移動する前に、空き容量( GB )または空き容量( % )をドライブの空き容量に変更できます。

いくつかの実用的なアプリケーション例:

  • ドライブに 50 GB 以上の空き容量があることを確認するには、 MinFreeSpaceGB を 50 に設定します

  • ドライブの 15% 以上が空いていることを確認するには、 MinFreeSpacePercent を 10 から 15 に設定します。

このアクションは、サーバのタイムゾーンの午前 0 時に実行されます。