日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップスケジュールを設定します

寄稿者 tvanroo

概要

VDS では、 Azure を含む一部のインフラプロバイダでネイティブバックアップサービスを設定および管理できます。

Azure

Azure では、 VDS でネイティブを使用してバックアップを自動的に設定できます "Azure クラウドバックアップ" ローカル冗長ストレージ( LRS )を使用。必要に応じて、地理的冗長ストレージ( GRS )を Azure Management Portal で設定できます。

  • バックアップポリシーは、サーバタイプごとに個別に定義できます(デフォルトで推奨されます)。また 'VDS UI から個別のマシンにスケジュールを割り当てることができますこの設定は ' ワークスペースページでサーバ名をクリックすることで ' サーバの詳細ビューに移動して適用できます ( 以下のビデオ : 個別のバックアップポリシーの設定を参照 )

    • データ

      • 毎日 7 回、毎週 5 回、毎月 2 回のバックアップを作成します。ビジネス要件に基づいて保持期間を延長

      • これは、専用のデータサーバと、アプリケーションおよびデータベース用のアドオン VPS VM の両方に当てはまります。

    • インフラ

      • CWMGR1 –毎日バックアップし、毎日 7 、毎週 5 、毎月 2 回保持します。

      • RDS ゲートウェイ - 毎週バックアップし、週 4 回保持します。

      • HTML5 ゲートウェイ–毎週バックアップし、週 4 回保持します。

    • パワーユーザ(別名 VDI ユーザ)

      • データは D1 サーバまたは TSD1 サーバに格納する必要があるため、 VM をバックアップしないでください。

      • 一部のアプリケーションではデータがローカルに格納されるため、特別な考慮事項があることに注意してください。

      • VM に障害が発生した場合、別の VM のクローニングを使用して新しい VM を作成できます。VDI VM が 1 つだけ(または一意の VM のビルドが 1 つ)しかない場合は、その VM を完全に再構築する必要がないように VM をバックアップすることを推奨します。

      • すべての VDI サーバをバックアップするのではなく、必要に応じて、 1 つの VM を手動で構成して Azure Management Portal で直接バックアップすることで、コストを最小限に抑えることができます。

    • TS

      • データは D1 サーバまたは TSD1 サーバに格納する必要があるため、 VM をバックアップしないでください。

      • 一部のアプリケーションではデータがローカルに格納されるため、特別な考慮事項があることに注意してください。

      • VM に障害が発生した場合、別の VM のクローニングを使用して新しい VM を作成できます。TS VM が 1 台しかない場合は、その VM を完全に再構築する必要がないようにバックアップすることを推奨します。

      • すべての TS サーバをバックアップするのではなく、必要に応じて、 1 台の VM を手動で構成して Azure Management Portal に直接バックアップすることで、コストを最小限に抑えることができます。

    • TSData を参照してください

      • 毎日 7 回、毎週 5 回、毎月 2 回のバックアップを作成します。ビジネス要件に基づいて保持期間を延長

  • ポリシーは、バックアップを毎日または毎週実行するように設定できますが、 Azure ではそれ以上の頻度のスケジュールがサポートされません。

  • 日次スケジュールの場合は、バックアップの優先実行時間を入力します。週次スケジュールの場合は、バックアップを実行する曜日と時刻を入力します。注:時間を午前 12 時に設定すると、 Azure バックアップで原因の問題が発生する可能性があるため、午前 12 時 1 分を推奨します。

  • 日単位、週単位、月単位、年単位のバックアップを保持する数を定義します。

導入時のデフォルトを設定

環境全体に対して Azure バックアップを設定するには、次の手順を実行します。
  1. [ Deployments Detail ] ページに移動し、 [ Backup Defaults ] を選択します

  2. ドロップダウンメニューからサーバタイプを選択します。サーバタイプは次のとおりです。

    Data: these are for LOB/database server types
    Infrastructure: these are platform servers
    Power User: these are for Users with a TS server dedicated solely to them
    TS: these are terminal servers that Users launch sessions on
    TSData: these are servers doubling as terminal and data servers.
    • これにより、導入全体の包括的なバックアップ設定が定義されます。これらは、必要に応じて後でサーバー固有のレベルでオーバーライドおよび設定できます。

  3. 設定ホイールをクリックし、表示される編集ポップアップをクリックします。

  4. 次のバックアップ設定を選択します。

    On or off
    Daily or weekly
    What time of day backups take place
    How long each backup type (daily, weekly, etc.) should be retained
  5. 最後に、 [ スケジュールの作成(または編集) ] をクリックして、これらの設定を配置します。

個々のバックアップポリシーを設定する

サーバー固有の統合バックアップ設定を適用するには、 Workspace 詳細ページに移動します。
  1. [Servers] セクションまでスクロールダウンし、サーバの名前をクリックします

  2. [ スケジュールの追加 ] をクリックします

  3. 必要に応じてバックアップ設定を適用し、 [ スケジュールの作成 ] をクリックします

バックアップからリストアしています

特定の VM のバックアップをリストアするには、まずその Workspace 詳細ページに移動します。
  1. [Servers] セクションまでスクロールダウンし、サーバの名前をクリックします

  2. [Backups] セクションまで下にスクロールし、ホイールをクリックしてオプションを展開し、いずれかを選択します

  3. サーバへのリストアまたはディスクへのリストア(バックアップからドライブを接続して、バックアップから VM の既存のバージョンにデータをコピーできるようにする)

  4. 他のリストアの場合と同様に、この時点からリストアを続行します。

注記 コストは、維持するスケジュールによって異なり、 Azure のバックアップコストが全体的に発生します。VM のバックアップ価格については、 Azure Cost Calculator で確認できます。 https://azure.microsoft.com/en-us/pricing/calculator/