日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データ権限の管理

寄稿者 tvanroo

エンドユーザの視点

仮想デスクトップのエンドユーザーは、マップされた複数のドライブにアクセスできます。これらのドライブには、アクセス可能な FTPs 共有、企業ファイル共有、およびホームドライブ(ドキュメント、デスクトップなど)が含まれます。 。マッピングされたこれらのドライブはすべて、ストレージサービス( Azure NetApp Files など)上またはファイルサーバ VM 上の中央のストレージレイヤを参照します。

構成によっては、ユーザーが H :ドライブまたは F ドライブを公開していない場合がありますが、デスクトップ、ドキュメントなどしか表示されない場合があります。 フォルダ:また、導入時に VDS 管理者が別のドライブレターを設定することがあります。

権限の管理

VDS を使用すると、管理者は VDS ポータルでセキュリティグループとフォルダの権限を編集できます。

セキュリティグループ

セキュリティグループを管理するには、グループセクションのワークスペース > テナント名 > ユーザーとグループ > をクリックします

このセクションでは、次の操作を実行できます。
  1. 新しいセキュリティグループを作成します

  2. グループにユーザを追加 / 削除します

  3. アプリケーションをグループに割り当てます

  4. グループへのローカルドライブアクセスを有効 / 無効にします

フォルダのアクセス権

フォルダ権限は、 [ ワークスペース ]>[ テナント名 ]>[ 管理 ] ( [ フォルダ ] セクション)をクリックして管理します。

このセクションでは、次の操作を実行できます。
  1. フォルダを追加 / 削除します

  2. ユーザまたはグループに権限を割り当てます

  3. 権限を [ 読み取り専用 ] 、 [ フルコントロール ] 、 [ なし ] にカスタマイズします