日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ユーザパスワードをリセットします

寄稿者 tvanroo

ユーザパスワードのリセット手順

  1. VDS の使用済み詳細ページに移動します

  2. [ パスワード ] セクションを見つけ、新しい PW を 2 回入力して、をクリックします

有効になるまでの時間

  • 環境内の VM 上で「内部」 AD を実行している環境では、パスワードの変更はすぐに有効になります。

  • Azure AD ドメインサービス( AADDS )を実行している環境では、パスワードの変更が有効になるまでに約 20 分かかります。

  • AD タイプは、 [Deployment Details] ページで確認できます。

セルフサービスパスワードリセット( SSRP )

NetApp VDS Windows クライアントと NetApp VDS Web クライアントで、 v5.2 以降の仮想デスクトップ環境にログインする際に誤ったパスワードを入力するよう求めるプロンプトが表示されます。ユーザーがアカウントをロックした場合は、このプロセスによってユーザーのアカウントもロック解除されます。

注意:このプロセスを実行するには、ユーザーが携帯電話番号またはメールアドレスを入力している必要があります。

SSPR は以下でサポートされています。

  • NetApp VDS ウィンドウクライアント

  • NetApp VDS Web クライアント

この一連の手順では、ユーザーがパスワードをリセットしてアカウントのロックを解除できるようにするための簡単な手段として SSPR を使用するプロセスを説明します。

NetApp VDS Windows クライアント

  1. エンドユーザーとして、 [ パスワードを忘れた場合 ] リンクをクリックして続行します。

  2. 携帯電話または電子メールでコードを受信するかどうかを選択します。

  3. エンドユーザーがこれらの連絡方法のいずれか 1 つしか提供していない場合は、表示される唯一の方法です。

  4. このステップの後、ユーザーには [ コード ] フィールドが表示されます。このフィールドには、モバイルデバイスまたは受信トレイで受信した数値を入力する必要があります(選択されている内容によって異なります)。コードを入力してから新しいパスワードを入力し、 [ リセット ] をクリックして続行します。

  5. パスワードのリセットが正常に完了したことを通知するプロンプトが表示されます。 [ 完了 ] をクリックしてログオンプロセスを完了します。

    注記 Azure Active Directory ドメインサービスを使用している場合は、 Microsoft が定義したパスワードの同期期間( 20 分ごと)があります。これも Microsoft によって制御されており、変更することはできません。このことを念頭に置いて VDS では、新しいパスワードが有効になるまで最大 20 分待つ必要があります。Azure Active Directory ドメインサービスを使用していない環境では、ユーザは数秒で再度ログインできます。

HTML5 ポータルです

  1. HTML5 経由でログインしようとしたときに正しいパスワードを入力しなかった場合、パスワードをリセットするオプションが表示されるようになりました。

  2. パスワードをリセットするオプションをクリックすると、リセットオプションが表示されます。

  3. [ リクエスト ] ボタンをクリックすると、生成されたコードが選択したオプション(この場合はユーザーの電子メール)に送信されます。このコードの有効期間は 15 分です。

  4. パスワードがリセットされました。Windows Active Directory では、変更を反映するために、新しいパスワードがすぐに機能しない場合は数分待ってからもう一度試してください。これは、 Azure Active Directory ドメインサービス環境に配置されているユーザがパスワードのリセットを反映するまでに最大 20 分かかる場合がある場合に特に該当します。

ユーザのセルフサービスパスワードリセット( SSPR )をイネーブルにします

セルフサービスパスワードリセット( SSPR )を使用するには、管理者はまず、エンドユーザの携帯電話番号または電子メールアカウントを入力する必要があります。次に示すように、仮想デスクトップユーザの携帯電話番号と電子メールアドレスを入力するには、 2 つの方法があります。

この一連の手順では、エンドユーザがパスワードをリセットする簡単な手段として SSPR を設定するプロセスを説明します。

VDS を使用したユーザーの一括インポート

まず、ワークスペースモジュールに移動し、次にユーザーとグループに移動して、追加 / インポートをクリックします。

ユーザを作成するときに、次の値を 1 つずつ入力できます。

または、ユーザーを一括インポートする際に、事前設定された Excel XLSX ファイルをダウンロードして、このコンテンツを入力した状態でアップロードする際に、これらのファイルを含めることができます。

VDS API を使用したデータの提供

NetApp VDS API –具体的にはこの呼び出し https://api.cloudworkspace.com/5.4/swagger/ui/index#!/User/User_PutUser –この情報を更新する機能を提供します。

既存のユーザの電話を更新しています

VDS の [User Detail Overview] ページで、ユーザの電話番号を更新します。

他のコンソールを使用している

注:現時点では、 Azure コンソール、パートナーセンター、または Office 365 管理コンソールからユーザに電話番号を提供することはできません。

SSPR 送信アドレスをカスタマイズします

NetApp VDS は、確認の E メールの送信元 _a カスタムアドレスを送信するように設定できます。このサービスは、エンドユーザーがリセットパスワードの電子メールを受信して独自のカスタマイズされた電子メールドメインから送信することを希望するサービスプロバイダパートナーに提供されるサービスです。

このカスタマイズでは、送信アドレスを確認するために追加の手順が必要です。このプロセスを開始するには 'VDS サポートでカスタムのセルフサービスパスワードリセットソースアドレスを要求するサポートケースを開きます次の項目を定義してください。

  • パートナーコード(右上の矢印メニューの _settings_を クリックすると表示されます)。下のスクリーンショットを参照)

  • 目的の「送信元」アドレス(有効である必要があります)

  • 設定を適用するクライアント(またはすべて)

サポートケースのオープンは、 VDSsupport@netapp.com まで E メールで行うことができます

受信した後 'VDS サポートは SMTP サービスでアドレスを検証し ' この設定を有効にします送信元アドレスドメインのパブリック DNS レコードを更新して、電子メールの配信可能性を最大限に高めることができるのが理想的です。

パスワードの複雑さ

VDS では、パスワードの複雑さを強制するように設定できます。この設定は、クラウドワークスペース設定セクションのワークスペース詳細ページにあります。

パスワードの複雑さ:オフ

ポリシー ガイドライン

パスワードの最小文字数

8 文字です

パスワードの最大有効期間

110 日

パスワードの最小有効期間

0 日

パスワード履歴を適用します

24 個のパスワードが記憶されて

パスワードロック

5 つの不正なエントリがあると、自動的にロックアウトされます

期間をロックします

30 分

パスワードの複雑さ:オン

ポリシー ガイドライン

パスワードの最小文字数

8 文字には、ユーザーのアカウント名、または 2 文字を超えるユーザーのフルネームの一部を含めることはできません。連続する 2 文字を超えると、次の 4 つのカテゴリのうちの 3 文字の文字が含まれます。 大文字のアルファベット( A~Z )小文字のアルファベット( a~z ) 10 文字( 0~9 )パスワードを変更または作成する際には、アルファベット以外の文字(!、 $ 、 # 、 % など)の複雑さに関する要件が適用されます。

パスワードの最大有効期間

110 日

パスワードの最小有効期間

0 日

パスワード履歴を適用します

24 個のパスワードが記憶されて

パスワードロック

5 つの不正なエントリがあると、自動的にロックされます

期間をロックします

管理者がロックを解除するまでロックされたまま