日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Virtual Desktop Service – v5.4 リリースノート

寄稿者 tvanroo

VDS 5.4 リリース: 2021 年 8 月 12 日木曜日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _Thursday August 12, 2021 の午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • AVD ホストプールリンクを更新

VDS 5.4 リリース: 2021 年 5 月 13 日木曜日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 5 月 13 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact ):エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 特殊文字を使用する場合の AVD ホストプール作成のバグ修正

  • CWA セットアップ展開ウィザードでの長いドメイン名の自動拡張

  • GCP 展開の一部のシナリオでサーバーをクローニングするためのバグ修正

  • スナップショットの削除が意図したとおりに機能していなかったシナリオのバグ修正

  • 通知 / メッセージを送信する E メールアドレスを更新します。 noreply@vds.netapp.com からメッセージが送信されます

    • 受信メールアドレスを登録しているお客様は、このメールアドレスを追加する必要があります

VDS 5.4 リリース: 2021 年 4 月 29 日木曜日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _Thursday April 29,2021 の午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

(このリリースでは更新なし)

VDS 5.4 ホットフィックス: 2021 年 4 月 16 日金曜日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 4 月 16 日(金)午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact ):エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 証明書の自動管理を改善するために、最終日の更新後に発生した証明書の自動作成を使用して問題を解決します

VDS 5.4 リリース: 2021 年 4 月 15 日木曜日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _Thursday April 15,2021 の午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 継続的な更新により、 vSphere / vCloud ハイパーバイザーとの接続性と通信を強化します

  • ユーザが AVD セッションホストをクローニングできなかった個々のシナリオのバグ修正

VDS 5.4 ホットフィックス: 2021 年 3 月 23 日火曜日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 3 月 23 日(火)午後 10 時 ~ 午後 11 時(イースタン・インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 表示されているホストプールへの更新–新たに作成したホストプールが正常に完了し、 VDS UI にすぐには表示されないシナリオの一部で、問題を解決します

VDS 5.4 リリース: 2021 年 3 月 18 日木曜日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 3 月 18 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact ):エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

  • Virtual Desktop Service の略

  • VM へのエンドユーザの接続が許可されていない場合は、サーバへの接続を許可します

  • ユーザが SMS で受信する PAM メッセージの語句化

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS 5.4 ホットフィックス: 2021 年 3 月 9 日火曜日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 3 月 9 日(火)午後 5 時 ~ 午後 5 時 15 分 Eastern _ Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 一部のシナリオでサーバー問題への接続を解決するための更新プログラムを適用します

VDS 5.4 リリース: Thurs, Mar4/2021

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _Thursday March 4th 、 2021 年 3 月 4 日午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • Google Cloud Platform の導入に、 DSC ベースの導入モデルが導入されました

  • スクリプト化されたイベントの更新で、スクリプトがアクティブに実行されている間に削除されないようにします

  • 導入ウィザードによる既存の Active Directory 環境の NetBIOS の処理の自動化

  • 個々のプラットフォームサーバに異なるバックアップスケジュールを適用できるようになりました

  • 同じコマンドで次回ログインしたときにパスワードのリセットを要求するように、ユーザのパスワードの変更をサポートします

  • バグ修正–個々の VM を移行モードに設定して、導入環境全体の移行モード設定を上書きすることを許可します

  • 一度に大量の API コマンドを送信すると VM の起動が遅延する vSphere シナリオのバグ修正

  • .NET 4.8.0 をサポートするように新しい展開を更新します

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS 5.4 リリース: 2 月18,2021

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 2 月 18 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact ):エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • FSLogix のデフォルトインストール方法を Microsoft のベストプラクティスに従って更新

  • プラットフォームコンポーネントをプロアクティブにアップグレードして、ユーザアクティビティの増加をサポートします

  • 証明書管理変数の処理の自動化が改善されました

  • パスワードの変更時に次回ログイン時にユーザーの MFA 設定を強制的にリセットすることをサポートします

  • AADDS 展開の Groups モジュール VDS 内で VDS 管理者グループが管理されないようにします

コスト見積もり担当者

  • 特定の VM のプロモーション価格が適用されなくなったことを反映して更新されました

VDS 5.4 リリース: 2 月4/2021

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _Thursday February 4th 、 2021 年 2 月 4 日午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • サーバーに接続機能を使用する際の変数処理が改善されました

  • API 側の機能により、リブートと複数選択のリブートが可能です

  • Google Cloud Platform の導入自動化機能の強化

  • 電源オフ状態の Google Cloud Platform 展開の処理が改善されました

VDS 5.4 リリース: Thurs. 、 2021 年 1 月 21 日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _Thursday January 21, 2021 年 1 月 21 日午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 導入環境から TSD1 VM を削除し、データ管理のための PaaS サービスを選択

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

  • マルチサーバ導入構成のプロセスを合理化

  • GCP 内の導入に関する特定の構成のバグ修正

  • コマンドセンターから Azure Files 共有を作成するためのバグ修正

  • GCP の OS として Server 2019 を提供するためのアップデート

コスト見積もり担当者

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS 5.4 ホットフィックス:月2021年1月

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 1 月 18 日(月)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • VDS では、 SendGrid for SMTP リレーを使用して展開に更新が適用されます

  • SendGrid は水曜日の 1/20 に新しい変化を導入している

  • VDS チームはすでに SendGrid へのアップグレードを調査中でした

  • このような変化を認識しており、代替案( Postmark )をテストおよび検証しています。

  • 変化を緩和するだけでなく 'VDS チームは SendGrid の代わりに Postmark を使用する展開において ' 信頼性とパフォーマンスの向上を確認しました

VDS 5.4 ホットフィックス: Fri.2021年1月

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _Wednesday January 8, 2021 年 1 月 8 日午後 12 : 05pm Eastern _Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • すべての導入環境で VDCTools が最新であることを確認するための、次の簡単な更新

    • 設計上、 VDCTools への更新はインテリジェントに適用されます。更新は、アクションが実行されないまで待機してから、短時間の更新期間中に行われたアクションを自動的に完了します

VDS 5.4 リリース: Thurs. 、 2021 年 1 月 7 日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _Thursday January 7th 、 2021 年 1 月 22 : 00 - 23 : Eastern _Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

  • テキストの更新– Command Center アクションを Create Azure File Share から Create Azure Files Share に変更します

  • コマンドセンターを使用してデータ /Home/Pro フォルダを更新するためのプロセス拡張機能

コスト見積もり担当者

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS 5.4 リリース: Thurs. 、 2020 年 12 月 17 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 12 月 17 日(木)午後 10 時から午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザ向けのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

注記 次のリリースは、 2021 年 1 月 7 日(木)に、 2020 年大晦日の代わりに行われます。

Virtual Desktop Service の略

  • Azure NetApp Files 使用時の導入の自動化を強化

  • 更新された Windows 10 イメージを使用したコレクションのプロビジョニングの機能強化

  • VCC を更新して、マルチサイト構成の変数をより適切にサポートします

  • サイト機能に対する事前対応型のマイナーセキュリティ強化

  • Live Scaling のピークライブスケーリング機能に対する API の機能強化

  • DC 構成における全般的なユーザビリティとテキストの明確さの向上

  • 背景には、バグ修正とセキュリティ強化の機能が多数あります

VDS 5.4 リリース: Thurs 、 2020 年 12 月 3 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 12 月 3 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • FSLogix のインストール方法にアップデートします

  • 継続的な予防的セキュリティ対策

VDS セットアップ

  • Azure NetApp Files による導入の自動化に関する最新情報–サポート作成:

  • 4TB 以上の容量プール / ボリューム

  • 500TB 容量プール /100TB のボリューム(最大

  • 高度な導入オプションのための変数処理が改善されました

コスト見積もり担当者

  • Google Cost Estimator からのディスク操作の削除

  • Azure Cost Estimator で地域ごとに利用可能な新しいサービスを反映して更新されました

VDS 5.4 リリース: Thurs. 、 2020 年 11 月 19 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 11 月 19 日(木)午後 10 時から午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS

  • Privileged Account Management ( PAM )の E メールに、導入コードの詳細が記載されています

  • Azure Active Directory ドメインサービス( AADDS )の導入に必要な権限が合理化されました

  • 電源が完全にオフになっている環境で管理タスクの実行を検討している管理者の作業が明確になりました

  • 電源がオフになっているホストプールの RemoteApp Group の詳細を表示している VDS 管理者が表示したときに表示されるエラープロンプトのバグ修正

  • API ユーザを対象とした VDS API ユーザへの更新

  • データセンターステータスレポートを返すための高速な結果

  • VM に対する日々の操作(毎晩のリブートなど)の変数の処理が改善されました

  • DC Config に入力された IP アドレスが正しく保存されないシナリオのバグ修正

  • 管理者アカウントのロック解除が意図したとおりに機能しなかったシナリオのバグ修正

VDS セットアップ

  • フォームファクタの更新– VDS セットアップウィザードのアクションボタンが省略されたシナリオを解決します

VDS 5.4 リリース: Thurs 、 2020 年 11 月 5 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 11 月 5 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS

  • コマンドセンターでサイトのスケールアウトメカニズムが導入されました。同じテナント ID とクライアント ID を持つ別の Azure サブスクリプションを使用してください

  • データロールを持つ VM の作成は、 VDS UI で選択した VM として導入されますが、選択した VM が使用できない場合は、導入用に指定されたデフォルトに戻ります

  • ワークロードのスケジューリングとライブスケーリングの全般的な機能拡張

  • 「 Apply all 」チェックボックスのバグ修正。管理者権限に適用されます

  • RemoteApp グループで選択されたアプリケーションを表示するときの DISPLAY 問題のバグ修正

  • バグ修正コマンドセンターへのアクセス時に一部のユーザに表示されるエラー・プロンプト

  • HTML5 ゲートウェイ VM での手動証明書インストールプロセスが自動化されました

  • 継続的な予防的セキュリティ対策

VDS セットアップ

  • Azure NetApp Files オーケストレーションの向上

  • Azure 導入変数を適切に処理するための継続的な機能強化

  • 新しい Active Directory 展開では、 Active Directory のごみ箱機能が自動的に有効になります

  • Google Cloud Platform の導入オーケストレーションを改善

VDS 5.4 ホットフィックス: Wed.2020年10月

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 期限: _ 2020 年 10 月 28 日(水)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS セットアップ

  • 導入ウィザードでネットワークの詳細を正しく入力できなかったシナリオのバグ修正

VDS 5.4 リリース: Thurs. 、 2020 年 10 月 22 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 10 月 22 日午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact ): _ エンドユーザ向けのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS

  • VDS 管理者が AVD ホストプールを削除した場合は、そのホストプールからユーザーの割り当てを自動的に解除します

  • CWMGR1 で改良され、名前が変更されたオートメーションドライバ–コマンドセンター–を紹介します

  • AWS に存在するサイトの詳細を更新するバグ修正。ワークロードのスケジュール設定動作に関するバグ修正

  • 特定のライブスケーリング設定が適用された Wake on Demand アクティベーションのバグ修正

  • 元のサイトで誤った設定が行われたときに 2 番目のサイトを作成するバグ修正

  • DC 構成における静的 IP の詳細の使いやすさの向上

  • 命名規則を管理者権限に更新–データセンターの権限を展開権限に更新します

  • 単一のサーバ展開ビルドで必要なデータベースエントリ数が少なくなるように更新します

  • 権限を効率化するために、 AADDS の手動展開プロセスの更新に更新します

  • レポートが返す日付を変更する際の VDS でのレポートのバグ修正

  • Provisioning Collections 経由で Windows Server 2012 R2 テンプレートを作成するためのバグ修正

  • 多彩なパフォーマンス向上

VDS セットアップ

  • 導入の自動化の機能強化。プライマリドメインコントローラと導入の DNS コンポーネントに対応します

  • 将来のリリースで使用可能なネットワークのリストから選択できるように、さまざまなアップデートをサポートします

コスト見積もり担当者

  • VM への SQL の追加処理が改善されました

REST API

  • サブスクリプションに対して有効かつ使用可能な Azure リージョンを特定するための新しい API 呼び出し

  • お客様が Cloud Insights にアクセスできるかどうかを確認するための新しい API 呼び出し

  • お客様がクラウドワークスペース環境に対して Cloud Insights をアクティブ化しているかどうかを確認するための新しい API 呼び出し

VDS 5.4 ホットフィックス: 2020 年 10 月 13 日 Wed

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 10 月 13 日(水)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

コスト見積もり担当者

  • 問題のバグ修正。 RDS VM が OS の価格設定を適切に適用していない Azure コスト試算ツールのシナリオ

  • Azure Cost Estimator と Google Cost Estimator でストレージ PaaS サービスを選択した結果、 VDI ユーザーあたりの価格が膨れだとされるシナリオのバグ修正

VDS 5.4 リリース: Thurs. 、 2020 年 10 月 8 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 10 月 8 日午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact ): _ エンドユーザ向けのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS

  • ワークロードスケジューリングが適用される時間帯に VM を作成する際の安定性の強化

  • 新しいアプリケーションサービスの作成時にディスプレイ問題のバグ修正

  • Azure 以外の環境での .NET と ThinPrint のプレゼンスを動的に確認します

  • ワークスペースのプロビジョニングステータスを確認する際のディスプレイ問題のバグ修正

  • vSphere で特定の設定の組み合わせを使用して VM を作成するためのバグ修正

  • 一連の権限の下にある CheckBox エラーのバグ修正

  • 重複したゲートウェイが DCConfig に表示されていたディスプレイ問題のバグ修正

  • ブランディングの更新

コスト見積もり担当者

  • を更新し、ワークロードタイプごとの CPU スケーリングの詳細を表示します

VDS 5.4 ホットフィックス: 2020 年 9 月 30 日(水

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 条件: 2020 年 9 月 30 日(水)午後 9 時 ~ 午後 10 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS

  • 問題の一部のアプリケーションサービス VM がキャッシュ VM として適切にタグ付けされていない場合のバグ修正

  • メールリレーアカウントの設定に関する問題を軽減するために、基盤となる SMTP 設定にアップグレードしてください

    • 注:これはコントロールプレーンサービスであるため、導入時の設置面積が縮小され、お客様のテナント内の権限やコンポーネントが減少します

  • DCConfig を使用して管理者がサービスアカウントのパスワードをリセットできないようにするバグ修正

VDS セットアップ

  • Azure NetApp Files 環境の環境変数の処理が改善されました

  • 導入の自動化を強化 - 環境変数の処理を改善し、必要な PowerShell コンポーネントが揃っていることを確認

REST API

  • 既存のリソースグループを活用するための Azure 導入用 API のサポートが導入されました

  • ドメイン / NetBIOS 名が異なる既存の AD 環境に対する API サポートが導入されました

VDS 5.4 リリース: Thurs 、 2020 年 9 月 24 日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _Thursday September 24,2020 の午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS

  • パフォーマンスの向上–クラウドワークスペースを有効にできるユーザーのリストが、より高速に表示されるようになりました

  • サイト固有の AVD セッションホストサーバーインポートを処理するためのバグ修正

  • Deployment Automation の拡張機能: AD 要求を CWMGR1 に転送するためのオプション設定を導入します

  • CWAgent が正しくインストールされるように、サーバをインポートする際の変数の処理が改善されました

  • TestVDCTools 上で追加の RBAC コントロールを導入します。アクセスするには、 CW Infrastructure グループのメンバシップが必要です

  • 権限の微調整– CW-MGRAccess グループの管理者に VDS 設定のレジストリエントリへのアクセスを許可します

  • 個人用 AVD ホストプールの Wake on Demand を更新して、 Spring Release の更新を反映します。ユーザーに割り当てられた VM の電源のみをオンにします

  • Azure 環境で会社コードの命名規則を更新–これにより、番号で始まる VM から Azure バックアップをリストアできない問題が防止されます

  • 導入の自動化による SMTP 送信用の SendGrid の使用をグローバルコントロールプレーンと置き換え、 SendGrid のバックエンドで問題を解決します。これにより、導入時の占有量が少なくなり、権限 / コンポーネントも少なくなります

VDS セットアップ

  • マルチサーバ環境で使用可能な VM 数の選択を更新します

REST API

  • /DataCenterProvisioning/operatingsystems メソッドを取得するために Windows 2019 を追加します

  • API メソッドを使用して管理者を作成するときに 'VDS 管理者の名前と姓を自動入力します

コスト試算ツール

  • Google Cost Estimator の概要と、 Azure または GCP の見積もりに使用するハイパースケーラについてのプロンプト

  • Azure Cost Estimator で予約済みインスタンスが導入されました

  • 地域ごとに提供されている最新の Azure 製品ごとのサービスリストが更新されました

VDS 5.4 リリース: Thurs 、 2020 年 9 月 10 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 9 月 10 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • FSLogix がインストールされていることを確認するための強化された適用メカニズム

  • 既存の AD 展開に対するマルチサーバ構成をサポートします

  • Azure テンプレートのリストを返すために使用する API 呼び出しの数を減らしてください

  • AVD Spring Releation/v2 ホストプールでのユーザ管理の改善

  • サーバリソースの参照リンクの更新 ( 夜間レポート

  • AD で強化されたスリムな権限セットをサポートするように管理パスワードを変更する修正

  • CWMGR1 上のツールを使用してテンプレートから VM を作成するバグ修正

  • VDS での検索では、 docs.netapp.com のコンテンツが参照されるようになりました

  • MFA が有効な VDS 管理インターフェイスにアクセスするエンドユーザの応答時間が短縮されました

VDS セットアップ

  • プロビジョニング後のリンクで手順を参照できるようになりました

  • 既存の AD 導入環境のプラットフォーム設定の選択肢を更新

  • Google Cloud Platform の導入プロセスの自動化が改善されました

VDS 5.4 ホットフィックス: Tues. 、 2020 年 9 月 1 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 9 月 1 日(火)午後 10 時 - 午後 10 時 15 分 Eastern _ Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS セットアップ

  • AVD タブの参照リンクのバグ修正

VDS 5.4 リリース: Thurs 、 2020 年 8 月 27 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 8 月 27 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • VDS インタフェースを使用して 'AVD ホストプールを Fall Release から Spring リリースに自動的に更新する機能の導入

  • 最新の更新を反映した効率的な自動化により、アクセス許可をよりスリムに設定する必要があります

  • GCP 、 AWS 、 vSphere 環境の導入自動化機能が強化されました

  • 日付と時刻の情報が現在の日付と時刻として表示されていたスクリプトイベントシナリオのバグ修正

  • 大量の AVD セッションで VM を同時に展開するためのバグ修正

  • より多くの種類の Azure VM をサポート

  • サポートされる GCP VM タイプの数が増えます

  • 導入時の変数の処理が改善されました

  • vSphere Deployment Automation のバグ修正

  • ユーザの Cloud Workspace を無効にしたときに予期しない結果が返されたシナリオのバグ修正

  • サードパーティ製アプリケーションのバグ修正と RemoteApp アプリケーションで MFA が有効な状態で使用されるようになりました

  • 導入がオフラインの場合のサービスボードのパフォーマンスが向上しました

  • ネットアップのロゴ / フレージングを反映するように更新されました

VDS セットアップ

  • ネイティブ / グリーンフィールドの Active Directory 展開のためのマルチサーバ展開オプションの導入

  • 導入自動化のさらなる強化

Azure コスト試算ツール

  • Azure Hybrid の機能のリリース

  • VM の詳細にカスタム名情報を入力する際の DISPLAY 問題のバグ修正

  • 特定のシーケンスでストレージの詳細を調整するためのバグ修正

VDS 5.4 ホットフィックス: 2020 年 8 月 19 日 Wed

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 条件: _ 2020 年 8 月 19 日水曜日午後 5 時 20 分 ~ 午後 5 時 25 分 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS セットアップ

  • 柔軟な自動化を促進する可変処理のバグ修正

  • 単一の導入シナリオでの DNS 処理のバグ修正

  • CW インフラストラクチャグループのメンバーシップ要件の削減

VDS 5.4 ホットフィックス: Tues. 、 2020 年 8 月 18 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 実行時間: _ 2020 年 8 月 18 日(火)午後 10 時 ~ 午後 10 時 15 分 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Azure コスト試算ツール

  • 特定のタイプの VM にドライブを追加する処理に関するバグ修正

VDS 5.4 リリース: Thurs 、 2020 年 8 月 13 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 8 月 13 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • AVD モジュールから AVD セッションホストの [ サーバへの接続 ] オプションを追加します

  • 追加の管理者アカウントを作成できないシナリオのサブセットに対するバグ修正

  • リソースのデフォルトの命名規則を更新する– Power User を VDI User に変更します

VDS セットアップ

  • 事前承認済みのネットワーク設定を自動的に検証し、導入ワークフローをさらに合理化

  • 既存の AD 導入に必要な権限セットを削減

  • 15 文字を超えるドメイン名を許可します

  • 選択項目の一意の組み合わせのテキストレイアウト修正

  • SendGrid コンポーネントに一時的なエラーが発生した場合は、 Azure 導入を続行します

VDS ツールとサービス

  • プロアクティブなセキュリティ強化

  • 追加のライブスケーリングパフォーマンスの強化

  • 数百のサイトを使用するハイパースケーラ環境のサポートを強化

  • 1 つのコマンドで複数の VM を導入するシナリオのバグ修正は部分的に成功しました

  • データ、ホーム、プロファイルの各データの場所のターゲットとして無効なパスを割り当てる際のメッセージプロンプトが改善されました

  • Azure Backup を使用して VM を作成しても意図したとおりに機能しないシナリオのバグ修正

  • GCP と AWS の導入プロセスに追加の導入検証手順が追加されました

  • 外部 DNS エントリを管理するための追加オプション

  • VM 、 VNET 、 Azure NetApp Files などのサービス、ログ分析ワークスペース用の個別リソースグループのサポート

  • プロビジョニングの収集 / イメージ作成プロセスに対する小規模なバックエンドの機能強化

Azure コスト試算ツール

  • エフェメラル OS ディスクのサポートを追加します

  • ストレージ選択に関するツールヒントが改善されました

  • ユーザが負のユーザ数を入力できるようになったシナリオを禁止します

  • AVD とファイルサーバーの両方の選択を使用する場合は、ファイルサーバーを表示します

VDS 5.4 ホットフィックス: Mon. 、 2020 年 8 月 3 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 次の場合: _ 2020 年 8 月 3 日(月)午後 11 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS ツールとサービス

  • 導入の自動化時の変数処理の改善

VDS 5.4 リリース: Thurs 、 2020 年 7 月 30 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 7 月 30 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • プロアクティブなセキュリティ強化

  • バックグラウンドでのパフォーマンス監視機能が向上しました

  • 新しい VDS 管理者を作成するシナリオのバグ修正で誤った正のアラートが生成される

VDS セットアップ

  • Azure の導入プロセスで管理アカウントに適用される権限セットが削減されました

  • トライアルアカウントサインアップのサブセットに関するバグ修正

VDS ツールとサービス

  • FSLogix のインストール・プロセスの処理が向上しました

  • プロアクティブなセキュリティ強化

  • データポイント収集の改善により、同時使用が可能になりました

  • HTML5 接続での証明書の処理が改善されました

  • DNS セクションレイアウトの調整による明確な説明

  • Solarwinds モニタリングワークフローの調整

  • 静的 IP アドレスの処理が更新されました

Azure コスト試算ツール

  • お客様のデータが高可用性である必要があるかどうかを確認し、必要に応じて、 Azure NetApp Files のような PaaS サービスを活用してコストと人件費の節約を利用できるかどうかを定義します

  • AVD と RDS の両方のワークロードに対するデフォルトのストレージタイプを Premium SSD にアップデートし、標準化する

  • 舞台裏でのパフォーマンス強化 * = VDS 5.4 ホットフィックス: Thurs 、 2020 年 7 月 23 日

_Components : _5.4 Virtual Desktop Service_When : _ Thursday July 23, 2020 午後 10 時 ~ 午後 11 時 Eastern _Impact : _ エンドユーザ向けのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

VDS セットアップ

  • Azure 環境での DNS 設定の自動化の機能拡張

  • 導入の自動化に関する一般的なチェックと改善点

VDS 5.4 リリース: Thurs 、 2020 年 7 月 16 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 7 月 16 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • プロアクティブなセキュリティ強化

  • AVD ワークスペースが 1 つしかない場合は、 AVD ワークスペースを自動選択することで、 AVD アプリケーショングループのプロビジョニングプロセスを合理化します

  • ワークスペースモジュールのパフォーマンスが改善されました。これは、 [ ユーザーとグループ ] タブの下にあるページグループを作成することによって実現します

  • VDS 管理者が Deployments タブで Azure を選択した場合は、代わりに VDS Setup にログインするようユーザーに指示します

VDS セットアップ

  • プロアクティブなセキュリティ強化

  • レイアウトが改善され、導入ワークフローが合理化されました

  • 既存の Active Directory 構造を使用する展開の説明が拡張されました

  • 導入の自動化に関する一般的な機能強化とバグ修正

VDS ツールとサービス

  • 単一サーバ展開での TestVDCTools のパフォーマンスに関するバグ修正

REST API

  • Azure 展開の API 消費の操作性の向上–最初の名前が Azure AD でユーザに定義されていない場合でも収集されたユーザ名を返します

HTML5 ログインエクスペリエンス

  • AVD Spring Release (AVD v2) を利用するセッションホストの Wake on Demand のバグ修正

  • ネットアップのブランド力やフレージングを反映するように更新されました

Azure コスト試算ツール

  • 地域ごとに価格を動的に表示します

  • リージョン内で関連サービスが利用可能かどうかを表示し、必要な機能がそのリージョンで利用可能になるかどうかをユーザが理解できるようにします。これらのサービスは次のとおりです。

    • Azure NetApp Files の特長

    • Azure Active Directory ドメインサービス

    • NV および NV v4 ( GPU 対応)仮想マシン

VDS 5.4 リリース: Fri. 、 2020 年 6 月 26 日

_ コンポーネント: _5.4 仮想デスクトップサービス _ 日付: 2020 年 6 月 26 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

2020 年 7 月 17 日金曜日以降、 v5.4 のリリースは本番リリースとしてサポートされます。