日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Virtual Desktop Service – v6.0 リリースノート

寄稿者

VDS V6リリース: Thurs.、Oct6、2022

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • パフォーマンスデータ自動化年間キーローテーション

  • このリリースサイクルには、Cloud Insights が提供するVDSパフォーマンスデータサービスの自動アクセストークンの年間ローテーションが含まれていました。この変更は’VDS Webアプリケーションのエンドユーザーまたは管理者アクセスに重大な影響を与えませんでした

  • FSLogix Shrink ContainerアクションがDaily Actionsから削除されました

  • FSLogix Shrink Containerアクションは、週単位でのみ実行されるようになりました。通常、日曜日の午前12:01はローカル時間です

  • 不具合解決–VDSサーバーテーブル内の重複する名前参照が原因で日次アクションがエラーになりました

  • VDS自動化では、サーバー名に対して1回、毎日のアクションが正しく処理されるようになりました。これにより、処理を停止したエラーが発生しなくなりました。

  • VDS Webアプリケーション(V6より前のバージョン)–権限のない管理者アカウントのデータセンターの削除オプションを削除します

  • この変更には、データセンターレベルでの編集権限が必要です。また、他のすべての管理者ユーザアカウントの削除オプションも削除されます。

  • UI拡張機能:AVDホストプールオブジェクトを削除するときに確認ダイアログを追加します

  • 障害解決済み:一部の状況で、導入環境からログデータをアップロード中にエラーが発生しました

  • 機能:vCloud Director REST API V35でローカルコントロールプレーンがサポートされます

VDS V6リリース: Thurs.、9月22、2022

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 不具合の解決–FSLogixプロファイルコンテナを縮小する際にエッジケースを修正しました

  • VDSは、Azureファイルストレージを使用してワークスペース内のプロファイルコンテナを正しく縮小できるようになりました

VDS V6リリース:Fri.、9月9、2022

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 不具合が解決されました- FSLogixプロファイルの縮小がエッジで機能しませんでした

  • 一部のまれなワークスペース/ディレクトリ構成で’VDSでFSLogixプロファイルコンテナを縮小自動化できませんでした

  • 機能-導入用に新しいCIテナントを自動的に設定します

  • VDSでは、新しい/更新されたCloud Insights アカウント情報がテナントリソースに自動的に導入されるようになり、手動での設定手順が不要になりました

VDS V6リリース:8月25、2022

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 不具合解決- Workspaceユーザーの管理者アクセスを無効にするオプションがありません

  • VDSでは、以前にワークスペース管理へのアクセス権が付与されていたWorkspaceユーザーの管理者アクセスを無効にするオプションが表示されるようになりました

  • 不具合が解決されました-アプリケーショングループをAVDホストプールに追加できません

  • VDSは’AVDホスト・プールとワークスペースが一致しなくなったエッジ・ケースを正しく処理できるようになりました

VDS V6リリース:8月2022年11月11日

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 更新なし

VDS V6リリース:Thurs、Jul.2022 年 2 月 28 日

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • VDSログインページから「サンドボックス用に登録」リンクを削除します

VDS V6リリース:Thurs、Jul.2022 年 14 月

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 機能-ユーザーアクティビティログオントラッカーのテーブル保持期間を設定するための新しいオプション設定

  • VDSでは、ローカルコントロールプレーンコンポーネントでの構成によって、ユーザーアクティビティログの保持期間を他のログとは独立して制御できるようになりました

  • 機能-ハイブリッドライセンス設定を使用するようにAVDセッションホストをデフォルトで設定します

  • VDSでは、デフォルトで「ハイブリッドライセンス」設定を使用して新しいAVDセッションホストが作成されるようになりました

VDS V6リリース:Thurs、Jun.23,2022

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 解決済みの不具合-スクリプト化されたイベントを変更しようとしたときにVDS Web Appでエラーが発生しました

  • スクリプト化されたイベントオブジェクトを編集する際’VDSで大文字と小文字の区別が正しく処理されるようになりました問題

VDS V6リリース:Thurs、Jun.9、2022

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 更新なし

VDS V6リリース:Thurs.、2022年5月26日

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 更新なし

VDS V6リリース:Thurs、2022年5月12日

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 更新なし

VDS V6リリース:Mon.、2022年5月2日

コンポーネント:_仮想デスクトップサービスv6_次の場合:_22:~23:Eastern _ Impact:_エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 更新なし

VDS V6 リリース: Thurs 、 4 月2022 年 2 月 28 日

コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 次の場合: _ 木曜日 4 月 28 日午後 10 時 ~ 午後 11 時に 2022 年に Eastern _Impact : _ エンドユーザ向けのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • さまざまな予防的セキュリティ強化機能とバグ修正

VDS V6 リリース: Thurs 、 4 月2022 年 14 月

コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 次の場合: _ 次の場合: 2022 年 4 月 14 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • さまざまな予防的セキュリティ強化機能とバグ修正

VDS V6 リリース: 3 月2022 年 3 月 31 日

コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 次の場合: _ 木曜日の 2022 年 3 月 31 日午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザ向けのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • さまざまな予防的セキュリティ強化機能とバグ修正

VDS V6 リリース: 3 月2022 年、 17 日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 次の場合: _ 次の場合: 2022 年 3 月 17 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • さまざまな予防的セキュリティ強化機能とバグ修正

VDS V6 リリース: 3 月3 、 2022

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 次の場合: _ 次の場合: _2022 年 3 月 3 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • サーバーに接続機能を使用した後でサーバーから切断するときの操作性が向上しました

  • さまざまな予防的セキュリティ強化機能とバグ修正

VDS V6 リリース: 2022 年 2 月 17 日(木

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 次の場合: _ 木曜日 2 月 17 日午後 10 時 ~ 午後 11 時に 2022 東部 _ 影響: _ エンドユーザ向けのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • アプリケーションインスタンスが導入され、同じソフトウェアの異なるバージョンやエディションの管理が改善されました

  • さまざまな予防的セキュリティ強化機能とバグ修正

VDS V6 リリース: 2022 年 2 月 3 日木曜日

コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 次の場合: _ 木曜日 2 月 3 日午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact ): _ エンドユーザ向けのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • VDM のプロファイルローミング検索機能の強化

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS V6 リリース: 2022 年 1 月 20 日木曜日

コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 次の場合: _ 次の場合: 2022 年 1 月 20 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザ向けのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • Azure コスト試算ツール( ACE )を使用したリンクリダイレクト問題のバグ修正

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS V6 リリース: 2022 年 1 月 6 日木曜日

コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 次の場合: _ 次の場合: _2022 年 1 月 6 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • パートナーとサブパートナーの両方について、セルフサービスパスワードリセットレポートを紹介します

  • 導入プロセスの開始時に、一意な Azure 承認問題のバグ修正。

VDS V6 リリース: 2021 年 12 月 16 日木曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時間: 2021 年 12 月 16 日(木)午後 10 時から午後 11 時まで: _ 影響: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • プライマリ SMS プロバイダが利用できない場合の MFA に対するセカンダリ SMS メッセージ送信の改善

  • VDS Client for Windows で使用される証明書を更新します

VDS V6 リリース: 2021 年 12 月 2 日木曜日 - 変更予定なし

コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時間: 2021 年 12 月 2 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時の Eastern _Impact : _None

VDS V6 ホットフィックス: 2021 年 11 月 18 日木曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時: 2021 年 11 月 18 日(木)午後 10 時から午後 11 時まで: _ 影響: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • AAD が AADDS に基づいている PAM 問題のバグ修正

VDS V6 ホットフィックス: 2021 年 11 月 8 日月曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時間: 2021 年 11 月 8 日(月)午後 10 時から午後 11 時までの東部影響: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • すべてのユーザーの VDS UI でチャットボックスを有効にします

  • バグ修正を使用して、展開の選択を一意に組み合わせます

VDS V6 リリース: 2021 年 11 月 7 日(日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時: _ 2021 年 11 月 7 日(日曜日)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • FSLogix プロファイルの自動縮小を無効にする Command Center オプションを導入します

  • 導入環境で Azure Active Directory Domain Services ( AADDS )を利用している場合の PAM のバグ修正

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

Azure コスト試算ツール

  • 様々な地域で利用可能な最新のサービス

VDS V6 リリース: 2021 年 10 月 21 日木曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時間: 2021 年 10 月 21 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • FSLogix プロファイルの自動縮小を無効にする Command Center オプションを導入します

  • FSLogix プロファイルがマウントされている場所を示す夜間レポートの改善

  • Azure US South Central リージョンの CWMGR1 (プラットフォーム VM )に使用されているデフォルトの VM シリーズ / サイズを D2S v4 に更新します

VDS V6 リリース: 2021 年 10 月 7 日木曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時: 2021 年 10 月 7 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact ): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 特定のプロビジョニングコレクション構成が正しく保存されなかったシナリオのバグ修正

VDS V6 リリース: 2021 年 9 月 23 日木曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時: 2021 年 9 月 23 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • PAM にアップデートして AADDS ベースの展開と統合します

  • AVD 以外の展開では、 Workspace モジュールに RemoteApp URL を表示します

  • エンドユーザを特定のオンプレミス Active Directory 構成の管理者にするシナリオのバグ修正

VDS V6 リリース: 2021 年 9 月 9 日木曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時: 2021 年 9 月 9 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS V6 リリース: 2021 年 8 月 26 日木曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時: 2021 年 8 月 26 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • VDS 管理 UI へのアクセスが許可された場合は、ユーザのデスクトップに配置された URL に更新します

VDS V6 リリース: 2021 年 8 月 12 日木曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時: 2021 年 8 月 12 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン _ インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • Cloud Insights の機能とコンテキストの機能拡張

  • バックアップスケジュールの頻度処理が改善されました

  • バグ修正 - サービスの再起動時に CwVmAutomation サービスの設定を確認する問題を解決します

  • バグ修正 - 特定のシナリオで設定を保存できなかった DCConifg の問題を解決します

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS V6 ホットフィックス: 2021 年 7 月 30 日火曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時間: _ 2021 年 7 月 30 日 7 月 30 日(金)午後 7 時 ~ 午後 8 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 自動化を容易にするための導入テンプレートの更新

VDS V6 リリース: 2021 年 7 月 29 日木曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時間: 2021 年 7 月 29 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時(東部標準時): _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • バグ修正 - CWAgent が意図したとおりにインストールされなかった場合に、問題 for VMware の展開を解決します

  • バグ修正 - 問題 for VMware の導入で、データの役割を持つサーバを作成しても意図したとおりに機能しない場合は解決します

VDS V6 ホットフィックス: 2021 年 7 月 20 日火曜日

_ コンポーネント: _ 仮想デスクトップサービス v6_ 実行時: 2021 年 7 月 20 日(火)午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 問題を修正して、特定の構成において、異常に大量の API トラフィックを発生させます

VDS 6.0 リリース: 2021 年 7 月 15 日木曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : _ Thursday July 15, 2021 年 7 月 15 日午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • Cloud Insights 統合の機能強化:ユーザごとのパフォーマンス指標をキャプチャし、ユーザコンテキストで表示します

  • ANF プロビジョニング自動化の改善–お客様の Azure テナントにおけるプロバイダとしての NetApp の自動登録が改善されました

  • 新しい AVD ワークスペースを作成する際のフレージングの調整

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS 6.0 リリース: 2021 年 6 月 24 日木曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : _Thursday June 4th 、 2021 年 6 月 4 日午後 10 時 ~ 午後 11 時 Eastern _Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

注記 7 月 4 日ごろに予定を立てていたため、次の VDS リリースは 7 月 7 日 ( 木曜日 ) に予定されています。

Virtual Desktop Service の略

  • Windows Virtual Desktop ( WVD )が Azure Virtual Desktop ( AVD )になったことを反映した更新

  • Excel エクスポートでのユーザー名の書式設定に関するバグ修正

  • カスタムブランドの HTML5 ログインページの構成が改善されました

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

コスト見積もり担当者

  • Windows Virtual Desktop ( WVD )が Azure Virtual Desktop ( AVD )になったことを反映した更新

  • 新しいリージョンで利用できるサービス / GPU VM が増えると、の更新が反映されます

VDS 6.0 リリース: 2021 年 6 月 10 日木曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : _Thursday June 10th 、 2021 年 6 月 10 日午後 10 時 ~ 23:00 Eastern _Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • VM 用の HTML5 ブラウザベースの追加ゲートウェイ / アクセスポイントが見積もり可能になりました

  • ホストプールを削除したあとのユーザルーティングが改善されました

  • 管理対象外のホストプールをインポートするシナリオのバグ修正が想定どおりに機能していません

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS 6.0 リリース: 2021 年 6 月 10 日木曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : _Thursday June 10 、 2021 の午後 10 時の東部 _Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

技術的な拡張:

  • 各 VM にインストールされている .NET Framework のバージョンを v4.7.1 から v4.8.0 に更新します

  • ローカルコントロールプレーンチームと他のエンティティの間で https : // および TLS 1.2 以上を使用するバックエンドの追加的な適用

  • Command Center の Delete Backup Operation のバグ修正–これで CWMGR1 のタイムゾーンが正しく参照されるようになりました

  • Azure ファイル共有から Azure Files 共有に、 Command Center アクションの名前を変更します

  • Azure Shared Image Gallery の命名規則が更新されました

  • 同時ユーザログイン数の収集が改善されました

  • CWMGR1 VM からの発信トラフィックを制限する場合は、 CWMGR1 からの発信トラフィックを許可するように更新します

  • CWMGR1 からの発信トラフィックを制限しない場合は、ここで更新を行う必要はありません

  • CWMGR1 からの発信トラフィックを制限する場合は、 vdctoolsapiprimary.azurewebsites.net へのアクセスを許可してください。注: vdctoolsapi.trafficmanager.net へのアクセスを許可する必要はなくなりました。

導入の機能拡張:

  • サーバ名でカスタムプレフィックスを将来サポートするための基盤を構築します

  • Azure 環境でのプロセスの自動化と冗長性の強化

  • Google Cloud Platform の導入に関する多数の導入自動化機能の強化

  • Google Cloud Platform 環境での Windows Server 2019 のサポート

  • Windows 10 20H2 EVD イメージのシナリオのサブセットに対するバグ修正

サービス提供の強化:

  • Cloud Insights との統合により、ユーザエクスペリエンス、 VM 、ストレージの各レイヤにストリーミングパフォーマンスデータを提供します

  • 最近アクセスした VDS ページにすばやく移動できる機能が導入されました

  • Azure 環境のリスト(ユーザ、グループ、サーバ、アプリケーションなど)のロード時間が大幅に短縮されました

  • ユーザー、グループ、サーバー、管理者、レポート、 など

  • お客様が使用できる VDS MFA メソッドを制御できる機能を紹介します(お客様が希望しているのは E メールとSMS など)

  • VDS セルフサービスパスワードリセット電子メール用のカスタマイズ可能な「差出人」フィールドを導入します

  • VDS セルフサービスパスワードリセット電子メールのみを指定されたドメインに移動できるようにするオプションが導入されました(会社所有と個人用など)

  • アカウントに E メールを追加して MFA またはセルフサービスのパスワードリセットを使用できるようにするためのプロンプトをユーザに表示する更新機能が導入されました

  • 停止した導入を開始する場合は、導入環境内のすべての VM も開始します

  • パフォーマンスの向上:新しく作成した Azure VM に割り当てる IP アドレスを決定します

VDS 6.0 リリース: 2021 年 5 月 27 日木曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_when : _Thursday May 27, 2021 の午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • AVD ホストプール内のプールされたセッションホストの Connect で開始を導入します

  • Cloud Insights の統合により、ユーザのパフォーマンス指標を紹介します

  • [ サーバー ] タブをワークスペースモジュールでより目立つように表示します

  • VM が VDS から削除された場合は、 Azure バックアップを使用して VM をリストアすることを許可します

  • サーバへの接続機能の処理が改善されました

  • 証明書を自動的に作成および更新するときの変数の処理が改善されました

  • ドロップダウンメニューで X をクリックしても、選択内容が予想どおりにクリアされない問題のバグ修正

  • SMS メッセージプロンプトの信頼性の向上と自動エラー処理

  • User Support ロールの更新–ログインしているユーザのプロセスを終了できるようになりました

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化

VDS 6.0 リリース: 2021 年 5 月 13 日木曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 5 月 13 日(木)午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 追加の AVD ホスト・プール・プロパティの導入

  • バックエンドサービスの問題が発生した場合に、 Azure 環境で自動化の耐障害性を強化できます

  • サーバーに接続機能を使用する場合は、新しいブラウザタブにサーバー名を追加します

  • 各グループのユーザ数を表示します

  • すべての環境でサーバへの接続機能の耐障害性が向上しています

  • 組織およびエンドユーザ向けに MFA オプションを設定するための機能拡張が追加されました

    • SMS が唯一の MFA オプションとして設定されている場合、は電話番号を要求しますが、メールアドレスは必要ありません

    • 使用可能な MFA オプションが E メールのみに設定されている場合は、 E メールアドレスが必要ですが、電話番号は必要ありません

    • SMS と電子メールの両方が MFA のオプションとして設定されている場合は、電子メールアドレスと電話番号の両方が必要です

  • 明確な改善 - Azure ではスナップショットのサイズが返されないため、 Azure Backup スナップショットのサイズを削除します

  • Azure 以外の環境でスナップショットを削除できるようになりました

  • 特殊文字を使用する場合の AVD ホストプール作成のバグ修正

  • リソースタブを使用したホストプールのワークロードのスケジューリングに関するバグ修正

  • 一括ユーザーインポートをキャンセルしたときに表示されるエラーメッセージのバグ修正

  • Provisioning Collection に追加されたアプリケーションの設定を使用したシナリオのバグ修正

  • 通知 / メッセージを送信する E メールアドレスを更新します。 noreply@vds.netapp.com からメッセージが送信されます

    • 受信メールアドレスを登録しているお客様は、このメールアドレスを追加する必要があります

VDS 6.0 リリース: 2021 年 4 月 29 日木曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : _ Thursday April 29,2021 の午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • パーソナル AVD ホストプールの Connect で開始機能を導入します

  • ワークスペースモジュールでストレージコンテキストを紹介します

  • Cloud Insights 統合によるストレージ( Azure NetApp Files )監視の導入

    • IOPS の監視

    • レイテンシの監視

    • 容量の監視

  • VM クローニング処理のログが改善されました

  • 特定のワークロードスケジューリングシナリオのバグ修正

  • 特定のシナリオで VM のタイムゾーンが表示されないというバグ修正

  • 特定のシナリオで AVD ユーザーをログアウトしないバグ修正

  • ネットアップのブランドを反映するために自動生成される E メールが更新されます

VDS 6.0 ホットフィックス: 2021 年 4 月 16 日金曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 4 月 16 日(金)午後 10 時 ~ 午後 11 時( Eastern _Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • 証明書の自動管理を改善するために、最終日の更新後に発生した証明書の自動作成を使用して問題を解決します

VDS 6.0 リリース: 2021 年 4 月 15 日木曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : _ Thursday April 15,2021 の午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • Cloud Insights 統合の強化:

    • スキップされたフレーム–ネットワークリソースが不十分です

    • スキップされたフレーム–クライアントリソースが不十分です

    • スキップされたフレーム–サーバリソースが不十分です

    • OS Disk –読み取りバイト数

    • OS Disk –書き込みバイト数

    • OS Disk – 1 秒あたりの読み取りバイト数

    • OS Disk – 1 秒あたりの書き込みバイト数

  • 導入モジュールのタスク履歴の更新–タスク履歴の処理が改善されました

  • シナリオのサブセット内のディスクから Azure バックアップを CWMGR1 に復元できなかった問題のバグ修正

  • 証明書が自動的に更新および作成されなかった問題のバグ修正

  • 停止した展開がすぐに開始されなかった問題のバグ修正

  • ワークスペースを作成するときに [ 状態 ] ドロップダウンリストに更新する - リストから [ 国 ] 項目を削除します

  • ネットアップのブランドを反映した追加の更新

VDS 6.0:2021年4月7日水曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : 2021 年 4 月 7 日水曜日の午後 10 時 ~ 午後 11 時にイースタン・インパクト: _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーション・サービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • Azure からの応答時間は徐々に変化するため、導入ウィザードで Azure クレデンシャルを入力する際に応答を待つ時間が増えています。

VDS 6.0 リリース: 2021 年 4 月 1 日木曜日

_Components : _6.0 Virtual Desktop Service_When : _ Thursday April 1st 、 2021 の午後 10 時 ~ 午後 11 時 East_Impact : _ エンドユーザのデスクトップおよびアプリケーションサービスへのアクセスは中断されません。仮想デスクトップサービスへのアクセスは引き続き可能です。

Virtual Desktop Service の略

  • NetApp Cloud Insights の統合が更新されました。新しいストリーミングデータポイント:

    • NVIDIA GPU のパフォーマンスデータ

    • ラウンドトリップ時間

    • ユーザー入力遅延

  • エンドユーザからの接続を禁止するように VM が設定されている場合でも、サーバへの接続機能を更新して VM への管理接続を許可します

  • 後続リリースでテーマとブランドを有効にするための API の機能強化

  • HTML5 経由のサーバーまたは RDS ユーザーセッションへの HTML5 接続で使用可能なアクションメニューの可視性が向上しました

  • アクティビティスクリプトイベントの名前でサポートされる文字数を増やします

  • Provisioning Collections OS の選択肢をタイプ別に更新

    • AVD および Windows 10 の場合は、 VDI 収集タイプを使用して、 Windows 10 OS が存在することを確認します

    • Windows Server OS の場合は、 Shared コレクションタイプを使用します

  • さまざまな予防的セキュリティとパフォーマンスの強化