日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DNS Forwards for Azure では、 O365 ID を使用して SSO を追加します

寄稿者 tvanroo

概要

ユーザーは、プライマリ電子メールドメインの会社の Web サイトにアクセスできません。

たとえば、 VDS ワークスペースのネットアップ従業員は、 SSO アカウントが user@netapp.com_ の場合、 netapp.com にアクセスできません

専用の VDS 環境では、 Azure テナントの内部ドメインを使用します。

解決策:

この問題を解決するには、 DNS を管理する組織のチームが、内部ドメインの DNS 前方参照ゾーンを作成して、正しい外部 IP を解決できるようにする必要があります(ネットアップの目的のため、ネットアップの従業員は仮想デスクトップから netapp.com にアクセスできるようになります)。

ステップバイステップガイド

  1. CWMGR1 に DNS サーバツールをインストールします。これにより、 DNS を管理できます。

  2. インストールが完了したら、 [ コントロールパネル ] 、 [ システムとセキュリティ ] 、 [ 管理ツール ] の順に選択し、 DNS を開くことができます。

  3. DNS を実行している DNS サーバーを指定すると、ドメイン名を入力します ( この例では、 _netapp.com になります ) 。