日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CLI を使用して WFA データベースを(完全に)リストアします

コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用して、 OnCommand Workflow Automation ( WFA )データベースおよび以前にバックアップしたサポートされる設定を完全にリストアできます。フルリストアでは、 WFA データベース、 WFA 設定、およびキーをリストアできます。

必要なもの
  • WFA データベースのバックアップを作成しておく必要があります。

  • 管理者またはアーキテクトのクレデンシャルが必要です。

手順
  1. シェルプロンプトで、 WFA サーバの次のディレクトリに移動します。

    wfa_install_location /wfa/bin

    「 wfa_install_location 」は WFA のインストールディレクトリです。

  2. WFA データベースをリストアします。

    'wfa --restore --full—​user=user_name [--password=password] [--location=path] --restart`

    • _user_name は、 admin ユーザまたは Architect ユーザのユーザ名です。

    • password はユーザのパスワードです。

      パスワードを指定していない場合は、プロンプトが表示されたらパスワードを入力する必要があります。

    • _path _ は、リストアファイルの完全なディレクトリパスです。

  3. リストア処理が成功し、 WFA にアクセスできることを確認してください。