日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

REST API を使用して WFA データベースをリストア(フル)します

REST API を使用して、 OnCommand Workflow Automation ( WFA )データベースの完全なリストアを実行できます。フルリストアでは、 WFA データベース、 WFA 設定、およびキーをリストアできます。

必要なもの
  • WFA データベースの「 .zip 」バックアップを作成しておく必要があります。

  • 管理者またはアーキテクトのクレデンシャルが必要です。

  • 手順 移行の一環としてデータベースをリストアする場合は、フルリストアを実行する必要があります。

手順
  1. REST クライアントブラウザに次の URL を入力します。

    「 + https://IP address of WFA server/rest/backups ? full=true+`

  2. [* バックアップ * ] ウィンドウで、 [* POST] メソッドを選択します。

  3. [* Part*] ドロップダウンリストで、 [* Multipart Body] を選択します。

  4. [ * ファイル * ] フィールドに、次の情報を入力します。

    1. [ コンテンツタイプ * ( Content type * ) ] ドロップダウンリストで、 [ * 複数パーツ / フォームデータ * ( * multi-ppart/form-data* ) ] を選択します。

    2. [* Charset * (文字セット * ) ] ドロップダウンリストで、 [* ISO-8859-1 * ] を選択します。

    3. [ * ファイル名 * ] フィールドに、作成したバックアップ・ファイルの名前を入力し、リストアします。

    4. [* 参照 ] をクリックします。

    5. 「 .zip 」バックアップファイルの場所を選択します。

  5. 「 wfa_install_location \ wfa \bin 」ディレクトリに移動し、 WFA サービスを再起動します。

  6. NetApp WFA Database * サービスと NetApp WFA Server * サービスを再起動します。

    wfa — 再起動

  7. リストア処理が成功し、 WFA にアクセスできることを確認してください。