日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファインダとは

Finder は、共通の結果を識別するために一緒に使用される 1 つ以上のフィルタの組み合わせです。ワークフローの Finder を使用して、ワークフローの実行に必要なリソースを選択できます。

ファインダでは、ソート順序を適用して該当する結果を区別できます。ファインダは、選択条件とソートに基づいて最適なリソースを返します。

ファインダは 1 つの結果を返すため、またはまったく結果を返しません。そのため、特定のストレージ要素の有無を確認するために使用できます。ただし、繰り返し行定義の一部として Finder を使用する場合は、結果セットを使用してグループ内のメンバーのリストが形成されます。ファインダで使用されるフィルタは、ディクショナリタイプの自然キーを最小値で返しますが、値を参照できる追加のフィールドを返すことがあります。ソート順序は、フィルタの SQL クエリの戻りフィールドに適用される場合があります。

Finder の結果をテストできます。Finder をテストすると、すべての WFA フィルタの一般的な結果を確認できます。この場合、 Finder の有効な結果が結果で強調表示されます。ワークフローで Finder を使用する場合は、ストレージオペレータに意味のある情報を伝えるカスタマイズされたエラーメッセージを作成できます。