日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

方式は何ですか

スキームはシステムのデータモデルを表します。データモデルは、ディクショナリエントリのコレクションです。スキームを定義してから、データソースタイプを定義できます。データソースは、データの取得方法とスキームの設定方法を定義します。たとえば、 VC スキームは、仮想マシン、ホスト、データストアなどの仮想環境に関するデータを取得します。

スキーマには、特定の問題を解決するようにカスタマイズされたワークフローを通じて、データを直接入力することもできます。

ディクショナリエントリは、ディクショナリエントリが作成されるときに、既存のスキームに関連付けられます。ディクショナリエントリはキャッシュクエリーにも関連付けられ、キャッシュクエリーには SQL クエリーが含まれます。

スキームでは、スクリプトベースのデータソースタイプまたは SQL データソースタイプのいずれかを使用してデータを取得できます。スクリプトはデータソースタイプの作成時に定義され、 SQL クエリはキャッシュクエリで定義されます。

WFA には次のスキームが含まれています。

  • * 7-Mode (ストレージ) *

    Active IQ Unified Manager を介して Data ONTAP 7-Mode からデータを取得するスキーム。

  • * clustered Data ONTAP ( cm_storage ) *

    clustered Data ONTAP から Active IQ Unified Manager 経由でデータを取得するスキーム。

  • * 7-Mode のパフォーマンス(パフォーマンス) *

    Performance Advisor から Data ONTAP 7-Mode のパフォーマンスデータを取得するスキーム。

  • * clustered Data ONTAP のパフォーマンス( cm_performance ) *

    Performance Advisor から clustered Data ONTAP のパフォーマンスデータを取得するスキーム。

  • * VMware vCenter ( VC ) *

    VMware vCenter からデータを取得するスキーム。

  • * プレイグラウンド(プレイグラウンド) *

    データを直接取り込むことができるスキーム。