日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

OnCommand Workflow Automation コンテンツをインポートする際の考慮事項

ユーザが作成したコンテンツ、別の OnCommand Workflow Automation ( WFA )インストールからエクスポートされたコンテンツ、または Storage Automation Store または WFA コミュニティからダウンロードしたコンテンツをインポートする場合は、一定の考慮事項に注意する必要があります。

  • WFA のコンテンツは .dar ファイルとして保存されます。また、ユーザが作成したコンテンツ全体を別のシステムや、ワークフロー、ファインダ、コマンド、ディクショナリなどの特定の項目に含めることができます。

  • 既存のカテゴリが .dar ファイルからインポートされると、インポートされたコンテンツがカテゴリ内の既存のコンテンツとマージされます。

    たとえば、 WFA サーバのカテゴリ A には 2 つのワークフロー WF1 および WF2 があるとします。カテゴリ A のワークフロー WF3 および Wf4 を WFA サーバにインポートすると、カテゴリ A にはインポート後にワークフロー WF1 、 WF2 、 WF3 、および Wf4 が含まれます。

  • .dar ファイルにディクショナリエントリが含まれている場合は、ディクショナリエントリに対応するキャッシュテーブルが自動的に更新されます。

    キャッシュテーブルが自動的に更新されない場合は、 wfa.log ファイルにエラーメッセージが記録されます。

  • WFA サーバにないパックに依存する .dar ファイルをインポートすると、 WFA はエンティティへのすべての依存関係が満たされているかどうかを確認しようとします。

    • 1 つ以上のエンティティが見つからない場合や、エンティティの下位バージョンが見つかった場合、インポートは失敗し、エラーメッセージが表示されます。

      エラーメッセージには、依存関係を満たすためにインストールする必要があるパックの詳細が表示されます。

    • 上位バージョンのエンティティが見つかった場合や、証明書が変更された場合は、バージョン不一致に関する一般的なダイアログボックスが表示され、インポートが完了します。

      バージョン不一致の詳細は、 wfa.log ファイルに記録されます。

  • 次の項目についての質問やサポートリクエストは、 WFA コミュニティに送信される必要があります。

    • WFA コミュニティからダウンロードされたすべてのコンテンツ

    • 作成したカスタムの WFA コンテンツ

    • 変更した WFA のコンテンツ