日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アップグレードした Unified Manager サーバをデータソースとして追加します

WFA のデータソースとして Unified Manager サーバ( 5.x または 6.x )を追加したあと、 Unified Manager サーバをアップグレードした場合は、 アップグレード後のバージョンに関連付けられているデータは、手動でデータソースとして追加しないかぎり WFA に取り込まれないため、アップグレードした Unified Manager サーバをデータソースとして追加する必要があります。

手順
  1. WFA Web GUI に管理者としてログインします。

  2. [ * 設定 * ] をクリックし、 [ * 設定 * ] で [ * データソース * ] をクリックします。

  3. をクリックします 新しいアイコン をクリックします。

  4. [ 新しいデータソース ] ダイアログボックスで、必要なデータソースの種類を選択し、データソースの名前とホスト名を入力します。

    選択したデータソースのタイプに基づいて、ポート、ユーザ名、パスワード、およびタイムアウトの各フィールドにデフォルトのデータが自動的に入力される場合があります。これらのエントリは必要に応じて編集できます。

  5. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

  6. 以前のバージョンの Unified Manager サーバを選択し、をクリックします 削除アイコン をクリックします。

  7. [ データソースタイプの削除 ] 確認ダイアログボックスで、 [ はい *] をクリックします。

  8. [ データソース ] テーブルで、データソースを選択し、をクリックします 今すぐ取得アイコン をクリックします。

  9. History テーブルでデータ取得ステータスを確認します。