日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Workflow Automation をインストールするように MSCS を設定します

Workflow Automation ( WFA )を Microsoft Cluster Server ( MSCS )にインストールする前に、 MSCS 環境を設定する必要があります。

  • MSCS はサーバマネージャからインストールする必要があります。

  • オプション: SnapDrive for Windows をインストールする必要があります。

    サポートされる最小バージョンは Windows Server 2012 です。

  • 両方のクラスタノードで同じバージョンの WFA を同じパスにインストールする必要があります。

  • 両方のクラスタノードを同じドメインに追加する必要があります。

この作業は、 MSCS インターフェイスでクラスタマネージャを使用して実行する必要があります。

手順
  1. ドメイン管理者として Cluster Manager にログインします。

  2. 次のいずれかのオプションを使用して、両方のノードから LUN にアクセスできることを確認します。

    • LUN をネイティブで管理します。

    • SnapDrive for Windows を使用して、次の操作を実行

      1. 両方のノードに SnapDrive for Windows をインストールして設定します。

      2. Windows 用の SnapDrive を使用して LUN を作成し、両方のノードでその LUN を設定します。

  3. フェイルオーバークラスタマネージャで、クラスタにディスクを追加します。