日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS および SMB のロギング(オプション)

寄稿者 netapp-barbe ciarm このページの PDF をダウンロード

NFS および SMB のロギング(オプション)

XCP NFS および SMB にロギングしています。

XCP は、「 xcpLogConfig.json 」 JSON 構成ファイルを使用して、複数のオプション機能を構成することをサポートしています。特定の機能のみを有効にするには 'xcpLogConfig.json 構成ファイルを手動で作成し 'xcpLogConfig.json 構成ファイルを使用して以下を有効にします

  • イベントログメッセージ

  • XCP の Syslog クライアント

  • カスタム XCP ロギング

イベントログメッセージおよび syslog クライアントは、デフォルト設定では無効になっています。設定は NFS と SMB の両方で共通です。

JSON ファイルの場所を設定します NFS SMB

構成ファイルのデフォルトの場所

/opt/NetApp/xFiles/XCP

C : \NetApp\XCP \ConfigFile

カスタム・ロケーションには 'XCP _CONFIG_DIR 環境変数が必要です

エラー参照ソースが見つかりません。

該当なし

JSON 構成ファイルのオプションでは、大文字と小文字が区別されます。これらのオプションは、 XCP NFS と XCP SMB で同じです。

サブオプション名( Sub Options Name ) JSON データタイプ デフォルト 説明

logconfig

XCP ロギングをカスタマイズするオプション。

「レベル」

文字列

情報

ログメッセージの重大度フィルタレベル。XCP ログメッセージは、重大度が低い順に、「 Critical 」、「 Error 」、「 Warning 」、「 Info 」、「 debug 」の 5 つの重大度レベルをサポートしています(情報またはデバッグを使用することを強く推奨します)。

“ maxBytes ”

整数

52428800

各ローテーションログファイルのサイズ。サポートされる最大ローテーションファイル数は 10 です。

名前

文字列

xcp.log

カスタムログファイル名を設定するオプション。

イベントログ

イベントログメッセージを設定するオプション。

“ IsEnabled ”

ブール値

いいえ

このブーリアンオプションは、イベントメッセージングを有効にするために使用されます。false に設定すると ' イベント・メッセージは生成されず ' イベント・ログはイベント・ログ・ファイルに発行されません

「レベル」

文字列

情報

イベントメッセージの重大度フィルタレベル。イベントメッセージングでは、重大度が低い順に 5 つの重大度レベルがサポートされています。重大度は、 critical 、 error 、 warning 、 Info 、 debug です

syslog

syslog メッセージングを設定するためのオプション。

“ IsEnabled ”

ブール値

いいえ

このブーリアンオプションは、 XCP で syslog クライアントを有効にする場合に使用します。

「レベル」

文字列

情報

メッセージの重大度フィルタレベル。XCP イベントログメッセージは、重大度が「重大」、「エラー」、「警告」、「情報」、「デバッグ」の 5 つの重大度レベルをサポートします

「サーバ IP 」

文字列

なし

リモート syslog サーバの IP アドレスまたはホスト名。

ポート

整数

514

リモート syslog レシーバポート。別のポートで syslog データグラムを受信する syslog レシーバは、ポートオプション UDP ポート 514 を使用して設定できますが、必要なポートに設定することもできます。

「サニタイズ」

ブール値

いいえ

XCP サポートに共通するオプション。このオプションの値を true に設定すると、サポート対象のメッセージ(ロギング、イベント、 syslog など)に機密情報( IP およびユーザ名)が非表示になります。 たとえば、「 anitize 」オプションを「 false 」に設定した場合: 20-07-17 03:10:23779-Info-12806 XCP Paths : ['10.234.104.251/cat_vol : /cat_vol']*20-07-17 03:10:23778-Info-12XCP 806 User Name:root'207-15308’x1-1217’xCP Info'20'20’x8*'20'20'30' と同様に 'xCP Info:'20’x1-24*'20’x8*'20'20’x1-'308*'x1-24*'30 XX.XX.XX.XX:/ cat_vol']`20-07-1703:13:51595-Info-12859 XCP ユーザー名 :

JSON 構成ファイルを作成します

イベントログメッセージ、 syslog クライアント、またはカスタマーロギングをイネーブルにする場合は、次の手順を実行します。

手順
  1. メモ帳や vi などの任意のテキストエディタを開きます。

  2. 次の JSON テンプレートを使用して新しいファイルを作成します。

    {
      "logConfig": {
        "level": "INFO",
        "maxBytes": 52428800,
        "name": "xcp.log"
      },
      "eventlog": {
        "isEnabled": false,
        "level": "INFO"
      },
      "syslog": {
        "isEnabled": false,
        "level": "INFO",
        "serverIp": "10.234.219.87",
        "port": 514
      },
      "sanitize": false
    }
  3. 有効にする機能については 'IsEnabled' の値を TRUE' に変更してください

  4. ファイルに xcpLogConfig.json という名前を付け、 * Error !に記載されているファイルの場所に SAE it の名前を付けます。参照ソースが見つかりません。 *

デフォルト設定 JSON 構成ファイルの例
{
  "logConfig": {
    "level": "INFO",
    "maxBytes": 52428800,
    "name": "xcp.log"
  },
  "sanitize": false
}
{
  "logConfig": {
    "level": "INFO",
    "maxBytes": 52428800,
    "name": "xcp.log"
  },
  "eventlog": {
    "isEnabled": false,
    "level": "INFO"
  },
  "syslog": {
    "isEnabled": false,
    "level": "INFO",
    "serverIp": "10.234.219.87",
    "port": 514
  },
  "sanitize": false
}