日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

XCP File Analytics エラーのトラブルシューティング

寄稿者 netapp-pcarriga netapp-barbe ciarm

問題のトラブルシューティング方法を確認します。

問題 解決策

PostgreSQL サービスが失敗しました

もう一度 configure を実行し、インストールオプションを選択します。以前のインストールが成功した場合は、修復オプションを選択できます。それでもエラーが表示される場合は、次の手順を実行してください。

  1. PostgreSQL サービスを再起動します。

    'UDO systemctl restart postgresql.service`

  2. サービスステータスを確認します。

    'sudo systemctl status postgresql.service

grep Active

httpd サービスが失敗しました

もう一度 configure を実行し、インストールオプションを選択します。以前のインストールが成功した場合は、修復オプションを選択できます。それでもエラーが表示される場合は、次の手順を実行してください。

  1. HTTPD サービスを再起動します。

    'UDO systemctl restart httpd

  2. HTTPD サービスのステータスを確認します。

    'UDO systemctl status httpd

grep Active'

インストールの完了後にログインページを開くことができません

XCP File Analytics がインストールされていて、 HTTPD が実行されている Linux マシンに対して、システムから ping を実行できることを確認します。サービスが実行されていない場合は 'configure を実行して ' 修復オプションを選択しますサポートされているブラウザバージョンを使用していることを確認してください。を参照してください "IMT"

ユーザログインに失敗しました

  • サポートされているブラウザバージョンを使用していることを確認してください。を参照してください "IMT"

  • ユーザが「 admin 」で、パスワードが正しいことを確認します。

  • XCP サービスのステータスを発行して、 XCP サービスが実行されていることを確認します。

  • Linux でポート 5030 が開いていることを確認します。アプリケーションを *https:// <Linux ip>:5030/api/XCP * で開き、メッセージメッセージメッセージ msg: M issing Authorization Header を確認します。

  • xcp.ini` ファイルが /opt/NetApp/xFiles/XCP の場所にあるかどうかを確認します。「 xcp.ini` 」ファイルをリセットするには、設定スクリプトを実行し、「 * Repair * 」オプションを選択します。次に、メニューオプションを選択して、 * xcp.ini ファイルの再構築 * を実行します。

  • CLI で 'XCP --listen' コマンドを手動で実行し ' ログインしてみますサーバで要求を受信しない場合は、インストールとサーバとの通信に使用するポートを再確認します。インストールが正しいことを確認したら、「 service XCP start 」コマンドを実行してサービスを再起動します。

XCP GUI に更新されたページが表示されない。

キャッシュをクリアしてやり直してください。

XCP サービスが開始されていません

"XCP " サービスを実行するには、 "UDO systemctl start XCP " コマンドを使用します。または、設定スクリプトを実行し、「 * Repair * 」オプションを選択して停止したサービスを開始します。

ファイル共有のスキャンに失敗しました

ファイル共有 / ボリュームは読み取りできない可能性があります。ファイル共有がアクセス可能かどうかを手動で確認するには 'XCP show コマンドを実行しますまた '`xcp.ini` ファイルが削除されているかどうかを確認します削除された場合は、 configure.sh スクリプト修復オプションを使用して「 xcp.ini` 」ファイルを再構築します。

ファイルサーバをロードできませんでした

ページをリフレッシュしてみてください。問題が解決しない場合は、プロンプトで XCP show コマンドを手動で実行し、ファイルサーバをスキャンできるかどうかを確認します。成功した場合は、ネットアップカスタマーサポートにチケットを発行してください。失敗した場合は、手動チェックを実行してファイルサーバがアクティブかどうかを確認します。xcp.ini` ファイルとライセンスファイルが正しい場所にあるかどうかを確認します「 xcp.ini` 」ファイルをリセットするには、設定スクリプトを実行し、「 * Repair * 」オプションを選択します。次に、 xcp.ini ファイルを再構築するためのメニュー・オプションを選択します。 * ライセンスの更新が必要かどうかを調べるには、「 xcpflogs 」ログを確認します。

システムのリブート後に XCP File Analytics ページが表示されない

XCP サービスが停止している可能性があります設定スクリプトを実行し、 * Repair * オプションを選択します。これにより、停止されたすべてのサービスが再起動されます。

特定のファイルサーバ上のエクスポートされたファイルシステムの合計スペースは、割り当てられた物理ストレージよりも多くのスペースを表示することがあります。

これは、ボリューム内に qtree レベルのエクスポートがある場合に発生することがあります。たとえば '/vol1/qtree1' としてエクスポートされるボリューム・サイズが 10 GB で ' ボリューム '/vol1/qtree1' に qtree がある場合 'XCP show コマンドは 'vol1' サイズを 10 GB' として表示し 'qtree1' サイズを 10 GB' として表示しますXCP File Analytics は、両方のエクスポートのスペースを合計し、合計スペースを提供します。この場合、「 20 GB 」となります。「 qtree1 」は論理空間であることは理解できません。