パフォーマンス ポリシーの作成

パフォーマンス ポリシーを作成して、ネットワーク内のリソースに関連する問題について、ユーザに通知するアラートをトリガーするしきい値を設定します。たとえば、ストレージ プールの合計使用率が60%を超えたときにアラートをトリガーするパフォーマンス ポリシーを作成できます。

手順

  1. ブラウザでOnCommand Insightを開きます。
  2. [Manage] > [Performance Policies]を選択します。
    [Performance Policies]ページが表示されます。

    ポリシーはオブジェクト別に表示され、各オブジェクトのリストに表示されている順序で評価されます。

  3. [Add new policy]をクリックします。
    [Add Policy]ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. [Policy name]フィールドにポリシーの名前を入力します。
    同じオブジェクトの他のポリシーと重複する名前は使用できません。たとえば、内部ボリュームの2つのポリシーに「Latency」という名前を使用することはできませんが、内部ボリュームのポリシーで「Latency」という名前を使用していても、別のボリュームのポリシーであれば「Latency」という名前を使用できます。ただし、オブジェクト タイプに関係なく、いずれのポリシーに対しても常に一意の名前を使用することを推奨します。
  5. [Apply to objects of type]リストから、ポリシーを適用するオブジェクトのタイプを選択します。
  6. ポリシーを特定のアノテーションが設定されたオブジェクトだけに適用する場合は、[With annotation]リストからアノテーション タイプを選択し、[Value]ボックスにアノテーションの値を入力します。
  7. オブジェクト タイプで[Port]を選択した場合は、[Connected to]リストから接続するポートを選択します。
  8. [Apply after a window of]リストから、しきい値違反のアラートを生成するタイミングを選択します。
    [First occurrence]オプションを選択すると、データ サンプルで最初にしきい値を超えた時点でアラートがトリガーされます。それ以外のオプションでは、しきい値を超えたあと、その状態のまま一定の時間を経過した時点でアラートがトリガーされます。
  9. [With severity]リストから、違反の重大度を選択します。
  10. ポリシー違反に関するEメール アラートは、デフォルトではグローバルなEメール リストの受信者に送信されます。この設定を上書きして、特定のポリシーのアラートを特定の受信者に送信するように設定することができます。
    • リンクをクリックして受信者のリストを開き、[+]ボタンをクリックして受信者を追加します。このポリシーに関する違反のアラートがリスト内のすべての受信者に送信されるようになります。
  11. [Create alert if any of the following are true]セクションの[any]リンクをクリックして、アラートがトリガーされる方法を設定します。
    • any

      デフォルトの設定です。ポリシーに関連するいずれかのしきい値を超えたときにアラートが作成されます。

    • all

      ポリシーのすべてのしきい値を超えたときにアラートが作成されます。[all]を選択する場合、パフォーマンス ポリシーに最初に設定するしきい値をプライマリ ルールと呼びます。プライマリ ルールには、そのパフォーマンス ポリシーで最も重要なしきい値を設定する必要があります。

  12. [Create alert if]セクションで、パフォーマンス カウンタと演算子を選択し、値を入力してしきい値を作成します。
  13. しきい値をさらに追加する場合は、[Add threshold]をクリックします。
  14. しきい値を削除する場合は、ごみ箱のアイコンをクリックします。
  15. アラートが発生した時点でポリシーの処理を停止する場合は、[Stop processing further policies if alert is generated]チェック ボックスをオンにします。
    たとえば、データストアのポリシーが4つあり、2番目のポリシーがアラート発生時に処理を停止するように設定されている場合、2番目のポリシーの違反が発生している間は3番目と4番目のポリシーは処理されません。
  16. [Save]をクリックします。
    [Performance Policies]ページが表示され、オブジェクト タイプのポリシーのリストにパフォーマンス ポリシーが表示されます。