IBM XIVデータ ソース

IBM XIV(CLI)データ ソースのインベントリの収集は、XIVコマンド ライン インターフェイスを使用して実行されます。XIVのパフォーマンスを収集するには、ポート5989でSMI-Sプロバイダを実行するXIVアレイをSMI-Sから呼び出します。

用語

OnCommand Insightでは、IBM XIVデータ ソースから次のインベントリ情報を取得します。Insightでは、取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータ ソースを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Insightの用語
ディスク ディスク
ストレージ システム ストレージ
ストレージ プール ストレージ プール
ボリューム ボリューム
注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータ ソースのすべてのケースを表しているとは限りません。

要件

設定

フィールド 説明
IP Address XIVストレージのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名
User Name XIVストレージのユーザ名
Password XIVストレージのパスワード
Full path to XIV CLI directory XIV CLIディレクトリの完全パス

高度な設定

フィールド 説明
Inventory Poll Interval (min) インベントリのポーリング間隔(デフォルトは40分)
CLI Process Wait Timeout (ms) CLIプロセスのタイムアウト(デフォルトは7,200,000ミリ秒)
SMI-S Host IP SMI-Sプロバイダ ホストのIPアドレス
SMI-S Port SMI-Sプロバイダ ホストによって使用されるポート
SMI-S Protocol SMI-Sプロバイダへの接続に使用するプロトコル
SMI-S Namespace SMI-Sネームスペース
Username SMI-Sプロバイダ ホストのユーザ名
Password SMI-Sプロバイダ ホストのパスワード
Performance Poll Interval (sec) パフォーマンスのポーリング間隔(デフォルトは300秒)
Number of SMI-S Connection Retries SMI-S接続の再試行回数