環境に適したデバイス解決ルールの計画

ルールを使用して環境内のデバイスを識別するプロセスは、通常は反復的なプロセスであり、できるだけ多くのデバイスを識別するために環境を詳しく分析して複数のルールを作成することが必要になります。最終的な目標は、環境内のすべてのデバイスを識別することです。

ルールの順序について最も効率的な方法は、ほとんどのエントリがパターンに一致しないような制限の厳しいルールから順番に、より制限の緩いルールへと処理を進めていく方法です。これにより、より多くのパターンが各エントリに適用されるため、パターン マッチングの精度が高まり、より正確にホストが識別されるようになります。

ルールを作成するときは、できるだけ多くの未識別のデバイスをカバーするように各ルールを作成します。たとえば、各ルールのパターンで次のような割合をカバーできれば、カバー率が低いルールを30個作成するよりはるかに効率的です。
ルール カバー率
ルール1 60%
ルール2 25%
ルール3 8%
ルール4 4%
ルール5 1%