開始前の準備

デバイスを識別するルールを定義する前に、環境がどのように設定されているかを理解する必要があります。環境について詳しく理解しているほど、デバイスの識別が簡単になります。

次の点について確認しておくと、正確なルールを作成するのに役立ちます。

環境について分析することで、どのような命名基準があり、その信頼性がどの程度であるかがわかります。たとえば、収集した情報から、次の図のような状況であることがわかったとします。

この例では、ストレージ エイリアスで最も多くのデバイスを表すことができます。そのため、ストレージ エイリアスを使用してホストを識別するルールを最初に記述し、次にスイッチ エイリアスを使用するルール、最後にゾーン エイリアスを使用するルールを作成します。ゾーン エイリアスやスイッチ エイリアスと重なっている部分のデバイスについても、ストレージ エイリアスのルールで識別できるため、ゾーン エイリアスやスイッチ エイリアスに必要なルールは少なくて済みます。

環境内のデバイスを定義する手順

環境内のデバイスを識別する一般的なワークフローを次に示します。識別は反復的なプロセスであり、ルールの計画や調整が何度も必要になることがあります。