Violin Flash Memory Arrayデータ ソース

Violin 6000-Series Flash Memory Array(HTTP)データ ソースは、Violin 6000シリーズ フラッシュ メモリ アレイから分析と検証に使用するネットワーク情報を収集します。

用語

OnCommand Insightでは、Violin 6000-Series Flash Memory Arrayデータ ソースから次のインベントリ情報を取得します。Insightでは、取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータ ソースを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Insightの用語
Violin Intelligent Memory Module(VIMM) ディスク
コンテナ ストレージ
メモリ ゲートウェイ ストレージ ノード
LUN ボリューム
イニシエータ、イニシエータ グループ、ターゲット ボリューム マップ、ボリューム マスク
注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータ ソースのすべてのケースを表しているとは限りません。

要件

設定

フィールド 説明
IP address or FQDN of Violin Memory Array Master Gateway Violin Memory Array Master GatewayのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名
User Name Violin Memory Array Master Gatewayのユーザ名
Password Violin Memory Array Master Gatewayのパスワード

高度な設定

フィールド 説明
Communication Port Violinアレイとの通信に使用するポート
HTTPS Enabled HTTPSを使用する場合に選択
Inventory Poll Interval (min) インベントリのポーリング間隔(デフォルトは20分)
Connection timeout (sec) 接続タイムアウト(デフォルトは60秒)
Performance Poll Interval (sec) パフォーマンスのポーリング間隔(デフォルトは300秒)