デバイス解決

OnCommand Insightでデバイスを監視するには、対象のすべてのデバイスを検出する必要があります。これは環境のパフォーマンスとインベントリを正確に追跡するために欠かせません。通常、環境内のデバイスのほとんどは自動デバイス解決によって検出されます。

注:アップグレードを実行する場合、アップグレード前のシステムに非アクティブな自動解決ルールがあると、それらのルールはアップグレード時に削除されます。非アクティブな自動解決ルールが削除されないようにするには、アップグレードの実行前にルールをアクティブ化(チェック ボックスをオン)してください。

データ ソースをインストールして設定すると、環境内のデバイスが識別されます。これには、スイッチ、ストレージ アレイ、ハイパーバイザーやVMの仮想インフラが含まれます。ただし、ほとんどの場合、環境内のすべてのデバイスが識別されることはありません。

データ ソース タイプのデバイスを設定したあと、環境内の残りの不明な物理ホスト、テープ、およびストレージ デバイスを識別するために、デバイス解決ルールを利用することを推奨します。不明なデバイスがデータ ソース タイプでサポートされるストレージ アレイとして識別される場合は、デバイス解決機能ではなく、データ ソースの方式で検出する必要があります。

似た属性の新しいデバイスが以降に環境に追加されると、作成したルールに基づいて自動的に検出されます。場合によっては、Insightで検出されないデバイスについて、デバイス解決ルールを使用せずに手動で識別することも可能です。

デバイスの識別が正しく完了していないと、次のような問題が発生することがあります。
デバイス解決機能([Manage] > [Device resolution])には複数のタブがあります。デバイス解決の計画や結果の表示におけるそれぞれの役割を次に示します。