EMC CLARiX(NaviCLI)データ ソース

このデータ ソースを設定する前に、ターゲット デバイスとInsight ServerにEMC Navisphere CLIがインストールされていることを確認してください。Navisphere CLIのバージョンとコントローラのファームウェアのバージョンが一致している必要があります。パフォーマンス データを収集するには、統計のログを有効にする必要があります。

Navisphereコマンドライン インターフェイスの構文

naviseccli.exe -h <IP address> -user <user> -password <password> -scope
<scope,use 0 for global scope> -port <use 443 by default> command

用語

OnCommand Insightでは、EMC CLARiXデータ ソースから次のインベントリ情報を取得します。Insightでは、取得したアセット タイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータ ソースを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Insightの用語
ディスク ディスク
ストレージ ストレージ
ストレージ プロセッサ ストレージ ノード
シンプール、RAIDグループ ストレージ プール
LUN ボリューム
注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータ ソースのすべてのケースを表しているとは限りません。

要件

設定

フィールド 説明
CLARiiON storage CLARiX(CLARiiON)ストレージのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名
User Name CLARiXストレージ デバイスへのログインに使用するユーザ名
Password CLARiXストレージ デバイスへのログインに使用するパスワード
CLI Path to navicli.exe path or naviseccli.exe path navicli.exeまたはnaviseccli.exe実行ファイルの完全パス

高度な設定

フィールド 説明
Inventory Poll Interval (min) インベントリのポーリング間隔(デフォルトは40分)
Use Secure Client (naviseccli) セキュアなクライアント(naviseccli)を使用する場合に選択
Scope セキュアなクライアントの範囲 (デフォルトは「Global」)
CLARiiON CLI Port CLARiX CLIに使用するポート
Inventory External Process Timeout (sec) 外部プロセスのタイムアウト(デフォルトは1,800秒)
Performance Poll Interval (sec) パフォーマンスのポーリング間隔(デフォルトは300秒)
Performance External process timeout (sec) 外部プロセスのタイムアウト(デフォルトは1,800秒)