EMC RecoverPointデータ ソース

EMC RecoverPointデータ ソースは、EMC RecoverPointストレージからインベントリ情報を収集します。このデータ ソースを設定するには、ストレージ プロセッサのIPアドレス、および読み取り専用のユーザ名とパスワードが必要です。

EMC RecoverPointデータ ソースは、RecoverPointと他のストレージ アレイとのボリューム間のレプリケーション関係を収集します。OnCommand Insightでは、各RecoverPointクラスタのストレージ アレイが表示され、そのクラスタ上のノードとストレージ ポートのインベントリ データが収集されます。ストレージ プールまたはボリュームのデータは収集されません。

要件

設定

フィールド 説明
Address of RecoverPoint RecoverPointクラスタのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名
User Name RecoverPointクラスタのユーザ名
Password RecoverPointクラスタのパスワード

高度な設定

フィールド 説明
TCP Port RecoverPointクラスタへの接続に使用するTCPポート
Inventory Poll Interval (minutes) インベントリのポーリング間隔(デフォルトは20分)
Excluded Clusters ポーリング時に対象から除外するクラスタのIDまたは名前をカンマで区切ったリスト