アノテーション値のインポート

SANオブジェクト(ストレージ、ホスト、仮想マシンなど)のアノテーションをCSVファイルで管理している場合、その情報をOnCommand Insightにインポートできます。アプリケーション、ビジネス エンティティ、アノテーション(階層や建物など)をインポートすることができます。

タスク概要

次のルールが適用されます。
インポート ユーティリティでは、次のオブジェクト タイプとキーがサポートされます。
タイプ キー
ホスト id-><id>または<Name>または<IP>
VM id-><id>または<Name>
ストレージ プール id-><id>または<Storage_name>-><Storage_Pool_name>
内部ボリューム id-><id>または<Storage_name>-><Internal_volume_name>
ボリューム id-><id>または<Storage_name>-><Volume_name>
ストレージ id-><id>または<Name>または<IP>
スイッチ id-><id>または<Name>または<IP>
ポート id-><id>または<WWN>
共有 id-><id>または<Storage Name>-><Internal Volume Name>-><Share Name>-><Protocol> [-><Qtree Name >]

<Qtree>は、デフォルトのqtreeがある場合は省略できます。

qtree id-><id>または<Storage Name>-><Internal Volume Name>-><Qtree Name>

CSVファイルでは次の形式を使用します。

, , <Annotation Type> [, <Annotation Type> ...]
[, Application] [, Tenant] [, Line_Of_Business] [,
Business_Unit] [, Project]

<Object Type Value 1>, <Object Key 1>, <Annotation Value> [,
<Annotation Value> ...] [, <Application>] [, <Tenant>] [,
<Line_Of_Business>] [, <Business_Unit>] [, <Project>]

...

<Object Type Value N>, <Object Key N>, <Annotation Value> [,
<Annotation Value> ...] [, <Application>] [, <Tenant>] [,
<Line_Of_Business>] [, <Business_Unit>] [, <Project>]

手順

  1. Insight Web UIにログインします。
  2. [Admin]をクリックし、[Troubleshooting]を選択します。
    [Troubleshooting]ページが表示されます。
  3. ページの[Other tasks]セクションで、[OnCommand Insight Portal]リンクをクリックします。
  4. [Insight Connect API]をクリックします。
  5. ポータルにログインします。
  6. [Annotation Import Utility]をクリックします。
  7. .zipファイルを保存して解凍し、readme.txtファイルで追加の情報やサンプルを確認します。
  8. CSVファイルを.zipファイルと同じフォルダに格納します。
  9. コマンドライン ウィンドウで、次のように入力します。
    java-jar REST-import- ユーティリティ .jar[-uusername][-ppassword]
    [-aserver name or IP address][-bbatch size][-ccase sensitive:true/false]
    [-lextra logging:true/false] csv filename

    追加のログを有効にする-lオプション、および大文字と小文字の区別を有効にする-cオプションは、デフォルトではfalseに設定されます。したがって、これらの機能については、使用する場合にのみ指定する必要があります。

    注:オプションとその値の間にスペースは入れません。

    注:次のキーワードはリザーブされ、ユーザがこれらのキーワードをアノテーションの名前として指定することはできません。
    • Application
    • Application_Priority
    • Tenant
    • Line_Of_Business
    • Business_Unit
    • Project

    これらのリザーブされているキーワードを使用してアノテーション タイプをインポートしようとすると、エラーが発生します。アノテーションの名前にこれらのキーワードを使用している場合は、インポート ユーティリティ ツールが正常に機能するよう、名前を変更する必要があります。