アセットへのアノテーションの手動割り当て

アセットにアノテーションを割り当てると、アセットをビジネスに関連付けてソート、グループ化、レポートするのに便利です。アノテーション ルールを使用して特定の種類のアセットにアノテーションを自動的に割り当てることができるほか、アセット ページを使用して個々のアセットにアノテーションを割り当てることができます。

開始する前に

割り当てるアノテーションを作成しておく必要があります。

手順

  1. OnCommand Insight Web UIにログインします。
  2. 次のいずれかの方法で、アノテーションを適用するアセットを選択します。
    • [Assets Dashboard]でアセットをクリックします。
    • ツールバーのをクリックして[Search assets]ボックスを表示し、アセットのタイプまたは名前を入力して、表示されたリストからアセットを選択します。

      アセット ページが表示されます。

  3. アセット ページの[User Data]セクションで、をクリックします。
    [Add Annotation]ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. [Annotation]をクリックし、リストからアノテーションを選択します。
  5. [Value]をクリックし、選択したアノテーションのタイプに応じて次のいずれかを実行します。
    • アノテーション タイプがリスト、日付、またはブーリアンの場合は、値をリストから選択します。
    • アノテーション タイプがテキストの場合は、値を入力します。
  6. [Save]をクリックします。
    アセットにアノテーションが関連付けられ、 クエリでアノテーションに基づいてアセットをフィルタできるようになります。アセットをアノテーションごとにグループ化する場合は、Java UIを使用する必要があります。詳細については、『OnCommand Insight Inventory User Guide for the Java UI』を参照してください。
  7. アノテーションを割り当てたあとに値を変更する場合は、をクリックして別の値を選択します。
    アノテーション タイプがリストで、[Add values dynamically upon annotation assignment]オプションが選択されている場合は、既存の値を選択するだけでなく、新しい値を入力して追加することもできます。