VMのNASパス

OnCommand Insight 7.3では、ストレージ共有への仮想マシンのNASパスがサポートされます。これらのパスはストレージ共有へのホストのNASパスと同様です。NASパスは、VMのIPアドレスによる共有へのアクセスが許可される場合に作成されます。

仮想マシンのNASパスは[Internal Volumes]ランディング ページに表示されます。このページの[Guest Mounted Storage Resources]ウィジェットに、VMからアクセスできる内部ボリュームが表示されます。

内部ボリュームの[Compute Resources]の表に、VMとNASパスも表示されるようになりました。それぞれのVMについて、CPUとメモリの利用率およびパフォーマンスのデータが表示されます。

Data Warehouseへの影響

OnCommand Insight 7.3へのアップグレード後のData Warehouseの変更点は次のとおりです。
  • dwh_inventory.nas_logicalテーブルがInventoryデータ マートから削除され、ビューに置き換わります。

    Insight 7.2.xのNFSパス テーブルを含むレポートは維持されます。

  • 次の情報を含むdwh_inventory.nas_cr_logicalテーブルがInventoryデータ マートに追加されます。
    • コンピューティング リソース
    • 内部ボリューム
    • ストレージ
    • NAS共有