ネットアップ Data ONTAP 7-Modeデータ ソース

Data ONTAP 7-Modeを使用するストレージ システムには、ONTAPIデータ ソースを使用します。このデータ ソースでは、CLIを使用して容量のデータを取得します。

用語

OnCommand Insightでは、NetApp Data ONTAP 7-Modeデータ ソースから次のインベントリ情報を取得します。Insightでは、取得したアセット タイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータ ソースを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Insightの用語
ディスク ディスク
RAIDグループ ディスク グループ
ファイラー ストレージ
ファイラー ストレージ ノード
アグリゲート ストレージ プール
LUN ボリューム
ボリューム 内部ボリューム
注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータ ソースのすべてのケースを表しているとは限りません。

要件

設定

フィールド 説明
Address of Filer ネットアップ ファイラーのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名
User Name ネットアップ ファイラーのユーザ名
Password ネットアップ ファイラーのパスワード
Address of HA Partner Filer in Cluster HAパートナー ファイラーのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名
User Name of HA Partner Filer in Cluster ネットアップHAパートナー ファイラーのユーザ名
Password of HA Partner Filer in Cluster ネットアップHAパートナー ファイラーのパスワード

高度な設定

フィールド 説明
Inventory Poll Interval (min) インベントリのポーリング間隔(デフォルトは20分)
Connection Type 接続タイプを選択
Connection Port NetApp APIに使用するポート
Performance Poll Interval (sec) パフォーマンスのポーリング間隔(デフォルトは300秒)

ストレージ システム接続

このデータ ソースでは、デフォルトの管理ユーザを使用する代わりに、ネットアップ ストレージ システムに対する管理者権限を持つユーザを設定して、データをネットアップ ストレージ システムから直接取得することもできます。

ネットアップ ストレージ システムに接続するには、メインのpfiler(ストレージ システムが存在するpfiler)の取得時に次の条件を満たすユーザを指定する必要があります。

cli-dateまたはcli-snapの権限が付与されていない場合、データ収集は完了できますが、Snapshotコピーは報告されません。

7-Modeデータ ソースを正常に取得し、ストレージ システムで警告が生成されないようにするには、次のいずれかのコマンド文字列を使用してユーザ ロールを定義する必要があります。2つ目の文字列は、1つ目と同じ内容を簡潔に指定したものです。
login-http-admin,api-*,security-api-vfile,cli-rdfile,cli-options,cli-df,cli-lun,cli-ifconfig,cli-date,cli-snap,
or  
login-http-admin,api-*,security-api-vfile,cli-*