デフォルトのアノテーション タイプ

OnCommand Insightには、デフォルトのアノテーション タイプがいくつか用意されます。これらのアノテーションを使用して、データをフィルタまたはグループ化したり、データ レポートをフィルタしたりできます。

次のようなデフォルトのアノテーション タイプをアセットに関連付けることができます。

次の表に、デフォルトのアノテーション タイプを示します。これらのアノテーションの名前は必要に応じて編集できます。
アノテーション タイプ 説明 タイプ
Alias リソースのフレンドリ名。 テキスト
Birthday デバイスがオンラインになった日またはオンラインになる日。 日付
Building ホスト、ストレージ、スイッチ、およびテープ リソースが配置されている物理的な場所。 リスト
City ホスト、ストレージ、スイッチ、およびテープ リソースが配置されている自治体。 リスト
Compute Resource Group Host and VM File Systemsデータ ソースで使用されるグループ割り当て。 リスト
Continent ホスト、ストレージ、スイッチ、およびテープ リソースが配置されている地域。 リスト
Country ホスト、ストレージ、スイッチ、およびテープ リソースが配置されている国。 リスト
Data Center リソースの物理的な場所。ホスト、ストレージ アレイ、スイッチ、およびテープに対して設定できます。 リスト
Direct Attached ストレージ リソースがホストに直接接続されているかどうか(「Yes」または「No」)。 ブーリアン
End of Life リース期限が切れる日やハードウェアが撤去される日など、デバイスがオフラインになる日。 日付
Fabric Alias ファブリックのフレンドリ名。 テキスト
Floor デバイスが配置されている建物内のフロア。ホスト、ストレージ アレイ、スイッチ、およびテープに対して設定できます。 リスト
Hot 日常的に多用されているデバイスや容量のしきい値に達しているデバイス。 ブーリアン
Note リソースに関するコメント。 テキスト
Rack リソースが配置されているラック。 テキスト
Room ホスト、ストレージ、スイッチ、およびテープ リソースが配置されている建物内の部屋。 リスト
SAN ネットワークの論理パーティション。ホスト、ストレージ アレイ、テープ、スイッチ、およびアプリケーションに対して設定できます。 リスト
Service Level リソースに割り当てることができる一連のサポート対象サービス レベル。内部ボリューム、qtree、およびボリュームの番号付きのオプションのリストが用意されています。サービス レベルを編集して、各レベルに対するパフォーマンス ポリシーを設定できます。 リスト
State/Province リソースが配置されている都道府県。 リスト
Sunset デバイスに対する新たな割り当てを停止するしきい値。計画的な移行や保留中のネットワークの変更を実施する場合に役立ちます。 日付
Switch Level スイッチのカテゴリを設定するための事前定義されたオプションが用意されています。通常、この指定はデバイスのライフサイクルを通じて維持されますが、必要に応じて編集することもできます。スイッチに対してのみ設定できます。 リスト
階層 環境におけるサービスのレベルを定義するために使用できます。階層では、求められる提供スピードなどのレベルを定義できます(例:GoldやSilver)。内部ボリューム、qtree、ストレージ アレイ、ストレージ プール、およびボリュームに対してのみ設定できます。 リスト
Violation Severity 違反(ホスト ポートの欠落や冗長性の欠如など)のランク(例:Major)。重要度の高い順に階層化されています。 リスト
注:Alias、Data Center、Hot、Service Level、Sunset、Switch Level、Service Level、Tier、およびViolation Severityはシステムレベルのアノテーションであり、削除したり名前を変更したりすることはできません。これらについては、割り当てられた値のみを変更できます。