IBM SVCデータ ソース

IBM SVCデータ ソースは、SSHを使用してインベントリとパフォーマンスのデータを収集し、SVCオペレーティング システムを実行するさまざまなデバイスをサポートします。サポートされるデバイスには、SVC、v7000、v5000、v3700などのモデルが含まれます。サポートされるモデルとファームウェア バージョンについては、Insightデータ ソース サポート マトリックスを参照してください。

用語

OnCommand Insightでは、IBM SVCデータ ソースから次のインベントリ情報を取得します。Insightでは、取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータ ソースを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Insightの用語
ドライブ ディスク
クラスタ ストレージ
ノード ストレージ ノード
Mdiskグループ ストレージ プール
Vdisk ボリューム
Mdisk バックエンドLUN
注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータ ソースのすべてのケースを表しているとは限りません。

インベントリの要件

注:他社製ソフトウェアをインストールする必要はありません。

パフォーマンスの要件

設定

フィールド 説明
Cluster/s IP SVCストレージのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名
Choose 'Password' or 'OpenSSH Key File' to specify credential type SSHを介したデバイスへの接続に使用するクレデンシャルの種類
Inventory User Name SVC CLIのユーザ名
Inventory Password SVC CLIのパスワード
Full Path to Inventory Private Key インベントリ用の秘密鍵ファイルの完全パス
Performance User Name パフォーマンス収集用のSVC CLIのユーザ名
Performance Password パフォーマンス収集用のSVC CLIのパスワード
Full Path to Performance Private Key パフォーマンス用の秘密鍵ファイルの完全パス

高度な設定

フィールド 説明
Inventory Poll Interval (min) インベントリのポーリング間隔(デフォルトは40分)
Exclude Devices インベントリ収集の対象から除外するデバイスのIDをカンマで区切ったリスト
SSH Process Wait Timeout (sec) SSHプロセスのタイムアウト(デフォルトは200秒)
Performance Poll Interval (sec) パフォーマンスのポーリング間隔(デフォルトは300秒)
Performance Exclude Devices パフォーマンス収集の対象から除外するデバイスのIDをカンマで区切ったリスト
Performance SSH Process Wait Timeout (sec) SSHプロセスのタイムアウト(デフォルトは200秒)
To clean up dumped stats files ダンプされた統計情報ファイルをクリーンアップする場合に選択