データ ソースの追加

[Add data source]ダイアログ ボックスを使用して、データ ソースをすばやく追加できます。

手順

  1. ブラウザでOnCommand Insightを開き、管理者権限を持つユーザとしてログインします。
  2. [Admin]を選択し、[Data sources]を選択します。
  3. [+Add]ボタンをクリックします。
    データ ソース追加ウィザードが開きます。
  4. [Settings]セクションで、次の情報を入力します。
    フィールド 説明
    Name このデータ ソースの一意のネットワーク名を入力します。

    注:データ ソース名に使用できる文字は、英数字とアンダースコア(_)のみです。

    Vendor ドロップダウンからデータ ソースのベンダーを選択します。
    Model ドロップダウンからデータ ソースのモデルを選択します。
    Where to run [Local]を選択します。環境でRemote Acquisition Unit(RAU)が設定されていれば、RAUを選択することもできます。
    What to collect ほとんどのデータ ソースでは、[Inventory]と[Performance]の2つのオプションがあります。[Inventory]はデフォルトで常に選択されており、選択を解除することはできません。データ ソースによっては、別のオプションがある場合もあります。選択した収集オプションに応じて、[Configuration]セクションおよび[Advanced configuration]セクションで使用可能なフィールドが変わります。
  5. [Configuration]リンクをクリックし、選択したデータ収集のタイプに応じて、データ ソースに必要な基本的な設定情報を入力します。
  6. ネットワークで設定するために詳細な情報が必要となるデータ ソースの場合は、[Advanced configuration]リンクをクリックし、データ ソースの種類に応じて追加情報を入力します。
  7. 各データ ソースの設定または高度な設定で使用可能な情報や必須の情報の詳細については、ベンダー別データ ソース リファレンスを参照してください。
  8. [Test]リンクをクリックして、データ ソースが正しく設定されていることを確認します。
  9. [Save]をクリックします。