取得されなかったディスク モデルの追加

ディスク モデルが不明なためにデータ取得に失敗する場合は、そのディスク モデルをnew_disk_models.txtファイルに追加してデータ取得を再実行します。

タスク概要

OnCommand Insightでは、データ取得時にストレージ デバイスのポーリングの一環としてストレージ デバイスからディスク モデルを読み取ります。Insightで認識されない新しいディスク モデルがベンダーによってアレイに追加された場合や、Insightで検索したモデル番号とストレージ デバイスから返されるモデル番号が一致しない場合、エラーが発生してそのデータ ソースの取得に失敗します。これらのエラーを回避するには、Insightで認識されるディスク モデルの情報を更新する必要があります。新しいディスク モデルは、更新、パッチ、およびメンテナンス リリースによってInsightに追加されます。ただし、パッチや更新を待たずに、この情報を必要に応じて手動で更新することもできます。

OnCommand Insightでは、ディスク モデル ファイルが5分ごとに読み取られ、入力した新しいデータ モデルの情報が自動的に更新されます。変更はサーバを再起動しなくても反映されますが、サーバやRemote Acquisition Unit(RAU)を再起動すると、次回の更新を待たずに変更を反映することができます。

ディスク モデルの更新は、<SANScreenInstallDir>\wildfly\standalone\deployments\datasources.warディレクトリにあるnew_disk_models.txtファイルに追加されます。new_disk_models.txtファイルを更新する前に、新しいディスク モデルについて記述する必要がある情報を理解しておく必要があります。ファイル内の情報が正確でないと、誤ったシステム データが生成され、データ取得に失敗することがあります。

Insightで手動でディスク モデルを更新するときは、次の手順に従ってください。

手順

  1. ディスク モデルの適切な情報を見つけます。
  2. テキスト エディタを使用して、new_disk_models.txtファイルを開きます。
  3. 新しいデータ ソースの必要な情報を追加します。
  4. サーバの<SANScreenInstallDir>\wildfly\standalone\deployments\datasources.warディレクトリにファイルを保存します。
  5. new_disk_models.txtファイルを安全な場所にバックアップします。このファイルは、OnCommand Insightの以降のアップグレード時に上書きされます。入力したディスク モデルの情報がアップグレード後のファイルに含まれていない場合は、情報を再度入力する必要があります。