Amazon AWS EC2データ ソース

OnCommand Insightでは、このデータ ソースを使用して、Amazon AWS EC2のインベントリとパフォーマンスを検出します。

前提条件

このデータ ソースの設定方法

Amazon AWS EC2データ ソースを設定するには、AWSアカウントのAWS IAM Access Key IDとSecret Access Key が必要です。

下の表に従って、データ ソースのフィールドに入力します。

設定

フィールド 説明
AWS Region AWSリージョンを選択します。
AWS IAM Access Key ID AWS IAM Access Key IDを入力します。
AWS IAM Secret Access Key AWS IAM Secret Access Keyを入力します。
I understand AWS will bill me for API requests InsightのポーリングでAPI要求を作成するとAWSから課金されることを理解していることを示すためのオプション。

高度な設定

フィールド 説明
Inventory Poll Interval (min) インベントリのポーリング間隔(デフォルトは60分)
HTTP connection and socket timeout (sec) HTTP接続のタイムアウト(デフォルトは300秒)
Include AWS tags InsightのアノテーションでAWSのタグを使用できるようにする場合は、このチェック ボックスをオンにします。
Performance Poll Interval (sec) パフォーマンスのポーリング間隔(デフォルトは1,800 秒)

AWSのタグをInsightのアノテーションにマッピングする

AWS EC2データ ソースでは、AWSで設定されているタグを使用してInsightのアノテーションを入力できるオプションが利用できます。アノテーションにはAWSのタグとまったく同じ名前を付ける必要があります。Insightはタグと同じ名前のアノテーションを常にテキスト型で入力しますが、他の型(数値、ブーリアンなど) のアノテーションも可能な限り入力しようとします。アノテーションが他の型であるためにデータ ソースを入力できない場合は、そのアノテーションを削除してテキスト型のアノテーションを作成する必要があります。

AWSでは大文字と小文字が区別され、Insightでは大文字と小文字が区別されないことに注意してください。たとえば、Insightで「OWNER」という名前のアノテーションを作成し、AWSに「OWNER」「Owner」「owner」という名前のタグがある場合は、これらのすべてのバージョンの「owner」がInsightの「OWNER」アノテーションにマッピングされます。