複数のデータ ソースの情報の編集

同じベンダーの同じモデルの複数のデータ ソースについて、ほとんどの情報を一度に編集できます。たとえば、それらのデータ ソースでユーザ名とパスワードを共有している場合、いずれかでパスワードを変更すれば、選択したすべてのデータ ソースでパスワードが更新されます。

タスク概要

[Edit data source]ダイアログ ボックスでは、選択したデータ ソースについて編集できないオプションはグレー表示または非表示になります。また、オプションの値が[Mixed]と表示される場合は、選択したデータ ソースごとにオプションの値が異なることを示します。たとえば、2つのデータ ソースを選択した場合、一方のデータ ソースのタイムアウト値が60でもう一方が90であれば、[Timeout (sec)]オプションの値が[Mixed]と表示されます。この値を120に変更し、データ ソースに対する変更を保存すると、両方のデータ ソースのタイムアウト設定が120になります。

手順

  1. ツールバーの[Admin]をクリックします。
    [Data Sources]リストが表示されます。
  2. 変更するデータ ソースを選択します。同じベンダー、モデル、Acquisition Unitに属しているデータ ソースを選択する必要があります。
  3. [Actions]ボタンをクリックし、[Edit]オプションを選択します。
    [Edit Data Source]ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [Settings]のオプションを必要に応じて変更します。
  5. [Configuration]リンクをクリックし、データ ソースの基本的なオプションを必要に応じて変更します。
  6. [Advanced Configuration]リンクをクリックし、データ ソースの詳細なオプションを必要に応じて変更します。
  7. [Save]をクリックします。