[User Data]セクションを使用したアプリケーションの割り当てと変更

環境で実行しているアプリケーションを特定のアセット(ホスト、仮想マシン、ボリューム、内部ボリューム、およびハイパーバイザー)に割り当てることができます。[User Data]セクションで、アセットに割り当てるアプリケーションを変更したり、アセットに新しいアプリケーションや追加のアプリケーションを割り当てたりできます。

手順

  1. OnCommand Insight Web UIにログインします。
  2. 次のいずれかの方法でアセット ページを選択します。
    • Insightのツールバーでをクリックし、アセットの名前を入力して、リストからアセットを選択します。
    • [Dashboards]をクリックし、[Assets Dashboard]を選択して、目的のアセット名をクリックします。
    アセット ページが表示されます。
  3. 次の処理を実行できます。
    • アプリケーションのアセット ページを表示するには、アプリケーションの名前をクリックします。
    • 割り当てるアプリケーションを変更したり、新しいアプリケーションや追加のアプリケーションを割り当てるには、アプリケーション名(アプリケーションが割り当てられている場合)または[None](アプリケーションが割り当てられていない場合)にカーソルを合わせてをクリックし、アプリケーション名を入力して検索するかリストから選択して、をクリックします。

      ビジネス エンティティに関連付けられているアプリケーションを選択した場合、ビジネス エンティティがアセットに自動的に割り当てられます。この場合、ビジネス エンティティの名前にカーソルを合わせると、「derived」と表示されます。エンティティをアセットに対してのみ設定し、アプリケーションの関連付けを解除する場合は、アプリケーションの割り当てを手動で上書きできます。

    • アプリケーションを削除するには、をクリックします。